岸和田市にて経年劣化した波板を張り替えたN様の声

こちらが、雨漏りの原因となっていた軒天です。
軒天に張られている天然木化粧合板が傷んで剥がれてしまい、所々の部分が無くなっていました。

軒天張替え工事で天然木化粧合板をプリント合板に張り替えて、雨漏りの心配がなくなりました!
こちらが欠損していた軒先です。
割れて欠けてしまい、一部分が無くなっています。

軒先補修工事でモルタルを塗装して、綺麗な軒先になりました。
これで、さらに割れが広がる心配もありませんね!
岸和田市 K様邸の工事前と工事後のトイレです。

近年のトイレは節水効果のあるものが多いため、トイレの故障でお困りの方は修理をするという方法もありますが、トイレの入替えもおすすめですよ(^^)
泉佐野市 K様邸の工事前のベランダは床のひび割れや、塗装が剥がれてコンクリートが見えている箇所がありました。
このコンクリートのひび割れ部分から雨水が侵入して、雨漏りしていたと考えられます。

通気緩衝工法を用いたベランダ防水工事でウレタン防水を床に施工して、綺麗なベランダになりました🎵
これで雨漏りの心配もいりません(^^)/

通気緩衝工法(つうきかんしょうこうほう)とは…?
防水施工する部分の下地がコンクリートの場合、コンクリートから水蒸気が発生し、内側から防水層に膨れを発生させて、床が凸凹になる恐れがあります。
そこで、通気性の高い”通気緩衝シート”下地と防水層の間に発生した水蒸気を逃がす”脱気塔(だっきとう)”を設置して、そこから蒸気を逃がすことで膨れを解消するという工法です。
工事前の塩ビ波板は経年劣化により、手前側が飛散しています。
飛散していた塩ビ波板を透明性が高いポリカ波板に張り替えたため、カーポートに太陽の光が入って明るくなりましたね🌞
つづいて、拡大写真です。
工事前は波板が凸凹に変形して色も褪せていましたが、見違えるほど綺麗になりました(^^)

岸和田市 N様邸は、雨樋も飛散し中に汚れやコケが詰まっていたので、雨樋の清掃と交換も行いました🎵