HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市で酸素美泡湯機能が付いたL-CLSSを設置! 9/16

泉佐野市で酸素美泡湯機能が付いたL-CLSSを設置! 9/16

泉佐野市M様邸 ユニットバスと洗面台入替工事・ユニットバス設置 

泉佐野市のユニットバスからユニットバスへの入替工事です。

M様邸の浴室の既存の土間基礎は、新しく設置するユニットバスの既定の土間基礎の厚みに満たしていなかったので、土間を追加して打設しました。既存の基礎と一体化させるため、基礎にアンカーボルトを打ち付けてから新しい土間を設置しました。土間を乾燥させてからユニットバスを設置します。新しく設置するのはパナソニックのL-CLSS(1717サイズ)です。酸素美泡湯機能(細かい泡が出る機能)が付いているので、美肌効果が得られます。色は黒と白で統一し、大人っぽい落ち着いた雰囲気の浴室になりました。

土間基礎を乾燥させました

前回の記事でご紹介したユニットバスの土間基礎打設です。しっかりと乾燥させてからユニットバスを組み立て、設置します。

ユニットバスを搬入

ユニットバスの設置は各メーカーの専門の職人が行います。

今回はパナソニックのユニットバスを採用したので、パナソニックの専門の職人が作業当日にスタンバイしました。

浴槽と洗い場の床を設置

浴室のスペースに浴槽の床と洗い場の床を配置しました。

M様邸は出入り口の正面が浴槽になります。

引き戸を設置

既存の出入り口はドアでしたが、今度は使いやすい引き戸になります。

引き戸を設置するには、引き戸を引き込む壁のスペースが必要なので、形状によっては設置できない場合もあります。

浴槽と壁パネルを設置

パナソニックのメーカーの職人が二人がかりでユニットバスの組み立て・設置を行います。壁パネルを取付け、浴槽を据え付けました。

テレビを設置

浴槽の足元側の壁にはテレビを取付けました。

浴槽にゆっくりと浸かりながらテレビを鑑賞出来る、素敵な時間を過ごせそうですね。

ユニットバス設置完了

水栓やシャワー、手すりなどを取付けてユニットバス設置完了です!

 

パナソニックのL-CLSS(1717サイズ)

浴槽をキアラホワイトに、エプロンとカウンター、床を御影ブラックにしてメリハリをつけました。御影ブラックは御影石のように重厚感があり、美しいデザインです。

 

酸素美泡湯機能が付いた浴槽で、テレビを見ながらゆっくりとお寛ぎくださいね。

 

次はUB枠の取付や洗面所の内装工事の様子をご紹介します。

 

前回はこちら(泉佐野市のユニットバス入替着工で浴室を解体) 

 

つづきはこちら(泉佐野市の洗面所と廊下の敷居を撤去し段差を解消)

 

この記事の現地調査はこちら(泉佐野市のユニットバス入替の現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る