HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >和泉市のユニットバスからユニットバスへの入替 12/19

和泉市のユニットバスからユニットバスへの入替 12/19

和泉市N様邸 内装リフォーム工事 

ユニットバスを設置します

和泉市のユニットバス設置のご紹介です。N様邸は、古くなったユニットバスを新しいユニットバスに入替えます。鉄骨造の2世帯住宅で、2階部分に設置している浴室なので、ユニットバスの床下に配管を通すスペースが必要になり段差がかなりありました。今回の工事でできるだけ段差を少なくして洗面所の内装もきれいにします。新しいお風呂はTOTOのサザナです。

 

ユニットバスはメーカーの専門のスタッフが設置します。設置当日にユニットバスの部材を搬入します。

浴槽などを新調に搬入します

N様邸のお風呂は2階にあるので、すべての部材を階段を介して運び上げないといけません。浴槽など、大きな部材は二人がかりで慎重に搬入します。

床の架台

まずはユニットバスの架台から設置します。

水平器という床の水平を示す機械を使用して、水平に架台を設置し、床下で配管を繋ぎます。

浴槽とフレームを取付け

架台の上に床を設置し、傷つけないよう養生してから浴槽を据え付けます。

写真の手前に見えているのはフレームで、このフレームを周囲に組み立てて壁パネルを取付けます。

壁パネルを設置

フレームを組み立てて、その間に壁や天井のパネルをはめ込んで取付けました。

これにより、独立したユニットバスの空間が生まれます

 

照明を取付けます

続いて各部材を取付けていきます。

写真は照明を取付けている様子です。

N様邸は天井付けの照明で、色は蛍光色です。他に、壁付けの照明や、暖色の照明もあり、それぞれLEDです。

水栓などの部材も取付けます

棚や鏡、シャワーや水栓も取付けています。

棚の数やシャワーの形状、鏡の大きさなどはショールームでお好みの仕様でお選びいただきます。

ユニット完了

新しいユニットバスはTOTOのサザナです。床は柔らかくて暖かい、ほっカラリ床です。

浴室乾燥暖房機も取付けたので寒い冬場の入浴も快適に、雨の日のお洗濯も安心です。

最後に電気の職人がリモコンを取付け、設備の職人が給湯器に接続します。

 

前日はこちら(和泉市の和室の収納をクローゼットに) 

 

つづきはこちら(和泉市のユニットバスのUB枠の取付)

 

つづきはこちら(和泉市のユニットバスのUB枠の取付など)

 

現地調査はこちら(和泉市の二世帯住宅の二階住居スペースの調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る