HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >窓周りなどを養生し塗料の飛散から守ります!他、瓦の補修も行いました 4/12 岸和田市

窓周りなどを養生し塗料の飛散から守ります!他、瓦の補修も行いました 4/12 岸和田市

岸和田市N様邸 屋根葺き替え・外壁塗装などのリフォーム

窓周りなどを養生

岸和田市の屋根葺き替えなどの改修工事でいよいよ塗装の工程に入りました。

前日、屋根・外壁などの高圧洗浄を行ったので、本日は各所の養生作業を行っています。

塗装する時に、塗装しない窓や外壁周りの土間などを塗料で汚してしまわないようにシートを張って養生(保護)します。

養生は、ただシートをかければいいと言う訳ではなく、塗料から守るために取り合いにきちんとマスキングテープを貼らなくてはいけないですし、シートが余分に出て風で煽られると作業しにくいのできれいに張る必要があります。

玄関周りを養生します

玄関周りも養生します。

玄関周りや土間など、人が行き来する場所の床には滑りにくく破れにくいシートを敷いて固定します。

葺き替えた屋根も養生

N様邸は今回の工事で屋根を一部葺き替えました。

せっかくきれいに拭き替えた屋根を塗料で汚してはいけないので屋根にもシートを張って養生しました。

壁を塗る時に屋根も行き来するので滑りにくいシートを張りました。

瓦の亀裂

塗装する屋根はスレート瓦で、一部割れたりヒビが入っている部分がありました。

 

写真は、瓦の角に亀裂が入り、抜け落ちそうになっていた部分です。

一旦瓦を外してきちんと接着します。

瓦が割れています!

瓦のひび割れは他にも数か所ありました。

スレート瓦は板状に形成された屋根材の表面に塗装を施して仕上げています。表面の塗膜が劣化して剥がれてくると、雨水を吸い込んでしまい、乾くときに起こる収縮の力で屋根材が割れてしまうことがあります。

今回は、補修可能な範囲のひび割れだったので良かったですが、ひび割れが多くなると補修不可能となり屋根を葺き替えなければならない事態に陥ります。

コーキングで密着

抜け落ちそうになっていた瓦を一旦取り外し、コーキングを充填して密着させました。

ひび割れすべて修理完了

瓦のひび割れをコーキングで補修しました。

割れた瓦の上に塗装を施しても、割れた部分がくっつくわけではありません。

塗装工事では、塗装面の傷んだ部分をきちんと修理してから塗装をかけることが必須です。

そうすることで、塗膜も長持ちしますし、建物の耐久性にも関わってきます。

 

次は屋根の塗装から行います。

 

前日はこちら(岸和田市の屋根・外壁の高圧洗浄) 

 

つづきはこちら(岸和田市の屋根塗装・ガイナ使用)

 

現況はこちら(岸和田市の屋根葺き替えや塗装の現況)

 

 

関連のヤマナカ工事の日記を見る