HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >大型バイク置き場設置工事で基礎の設置に伴うケミカルアンカー施工 2/8 岸和田市

大型バイク置き場設置工事で基礎の設置に伴うケミカルアンカー施工 2/8 岸和田市

岸和田市 N様邸 バイク置き場設置工事/ケミカルアンカー施工

バイク置き場を設置します!

岸和田市のN様より「家の前のスペースに大型バイクを置きたいんですが、屋根付きでいい方法はないですか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

現地調査でN様のご希望などをしっかりとお聞きして、数種類ご提案させていただきました。

その中の大型バイク倉庫を設置するご提案で工事wすることになりました。

正確な寸法を測ります!

こちらのスペースにバイク倉庫を設置するので、メーカーの専門の職人による再度現地調査にお伺いしました。

倉庫を発注するために正確な寸法を計測します。

鉄筋を埋め込んで基礎のブロックを積みます

バイク倉庫設置するためにブロックを積んで基礎を作るのですが、ブロックを積むための補強の鉄筋を施工している様子(ケミカルアンカー施工)までを分かりやすくご紹介します。

ケミカルアンカーを使います

コンクリート土間の上にブロックをしっかりと固定するために、鉄筋を埋め込んで連結させます。

ただ鉄筋を埋め込むだけではすぐに抜けてしまうのでケミカルアンカーという部材を使用します。

ケミカルアンカーとは、試験管のような容器に入った液体の化学反応を利用した接着剤のようなもので、全ネジや、異形鋼棒を固定するものです。

ドリルで穴を開けました

基礎を設置する位置にラインを引き、鉄筋を埋め込む位置にも印をいれてから、ドリルで穴を開けます。

ドリルで穴を開けた時に、穴の中に粉塵が溜まっているので道具やブラシを使って穴の中をきれいに掃除します。

穴の中に粉塵が詰まっている状態だと、鉄筋が既定の位置まで挿入できません。

ケミカルアンカー挿入

ドリルで穴を開けて穴の中を掃除してから、先ほどお伝えしたケミカルアンカーを挿入します。

鉄筋を打ち込みます

ケミカルアンカーを挿入して、その上から鉄筋をハンマーで打ち込むと、ケミカルアンカーの容器が破壊されて化学反応が起こり、しばらくすると鉄筋が固定される仕組み鳴っています。

鉄筋埋め込み完了です

ブロックで基礎を設置する位置に鉄筋を埋め込んで配筋しました。

ケミカルアンカーで固定した鉄筋は強固に固まっていますので、重要な基礎としっかりと連結できます。

 

次は基礎のブロック積みをご紹介します。

 

つづきはこちら(岸和田市のバイク倉庫設置の基礎ブロック施工)

関連のヤマナカ工事の日記を見る