HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >外壁塗装と浄化槽埋設、トイレと外構改修工事の現地調査にお伺いしました! 11/7 大阪府

外壁塗装と浄化槽埋設、トイレと外構改修工事の現地調査にお伺いしました! 11/7 大阪府

外壁塗装と浄化槽埋設、トイレと外構改修工事の現地調査にお伺いしました!11/ 7 この工事に関するお問い合わせは0120-103-718まで。

大阪府 A様邸 外壁塗装と浄化槽埋設工事の現地調査 H28.11/7(月)

以前ヤマナカで、雨樋の修理などをしていただいたA様が、先日開催したやまなか主催のリフォーム相談室にお越し下さりました。

A様は、とりあえず外壁のメンテナンスと、外構周りの改修、そしてトイレが汲み取りなので浄化槽を設置することをご希望されていました。

 

外壁の状態を確認すると、サイディングの継ぎ目に打った目地シーリングが劣化し縮んで痩せてきていました。

シーリングとは、サイディングの繋ぎ目の目地部分を埋めるために使われている材料のことです。コーキングとも呼ばれています。

シーリングの剥離

更に、ほかの場所のシーリングの目地も傷んでいました。

くっついていたシーリングが外れてきていました。

痩せたシーリングをそのままにしておくと、さらに劣化が進み、ヒビ割れが発生しサイディングボードとシーリングの間に隙間ができ、雨水が侵入する原因になります。

A様邸は汲み取り式なので、浄化槽を埋め込むことになりました。

浄化槽とは、特に家庭用のものに限定して簡単に言えば、「生活の中で発生する汚れた水を、きれいな水にして川などに流すための装置」です。

浄化槽設置に伴い、トイレも新しく入れ替えます。

 

A様は特にトイレの事を心配されていて、浄化槽を設置することができるか、ということからお考えでした。きちんと調査をして、浄化槽設置の条件もクリアしたので安心ですね。

 

S様邸の外壁塗装と浄化槽埋設、外構改修工事は近日着工です!

 

関連のヤマナカ工事の日記を見る