HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市のお風呂入れ替えでタイル壁や浴槽を撤去 8/23

岸和田市のお風呂入れ替えでタイル壁や浴槽を撤去 8/23

岸和田市I様邸 お風呂入れ替えや外装リフォーム 

 

岸和田市の耐震工事を含めたお風呂入れ替えなどの工事で、今回は工事着工、お風呂の解体の様子をご紹介します。

お風呂場までを養生

I様邸のお風呂は床・壁がタイル張りで冬も温かく入浴したい、とのご希望でユニットバスに入替えることになりました。

 

お風呂場の解体工事では大きな音とともにたくさんの粉塵が舞います。また、解体した壁のタイルなどを手運びで搬出する際に、お風呂場から玄関までを何度も行き来するので、床が汚れないようシートを敷き、ホコリが他の部屋に入らないよう天井までを養生しました。

洗面台を撤去

今回は、洗面所の内装、洗面台入替も行うので、お風呂場を解体する際に通りやすいように先に洗面台を撤去しました。

お風呂場を解体

既存のお風呂です。

タイル壁や床を電動ドリルで解体し、小さく砕いてバケツで運び出します。その時に大きな音とホコリが舞います。

天井は下地も撤去

天井を解体している様子です。

 

天井壁をドリルで解体し、下地の木部もばらして撤去します。

ユニットバスの換気扇は天井に取り付け、天井裏にダクトを通します。

タイルを割って解体

壁のタイルをドリルで砕いて、少しづつ撤去します。

下地のコンクリートやタイルのガラが大量に出ますので、運び出しながら作業を進めます。既存の浴槽も撤去します。

土間を打ちます

既存のお風呂を解体・撤去しました。この中に新しいユニットバスを組み立てて設置します。

床にコンクリートで土間を打ち、基礎を設置するので、規定の位置まで地面を掘り下げます。

 

前回はこちら(岸和田市の工事前に発生した雨漏りの応急処置) 

 

つづきはこちら(岸和田市のユニットバスの土間打ち)

 

現地調査はこちら(岸和田市のお風呂入れ替えなどの調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る