HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市で行う工事の前に雨漏りが発生し応急処置しました 8/22

岸和田市で行う工事の前に雨漏りが発生し応急処置しました 8/22

岸和田市I様邸 お風呂入れ替えや外装リフォーム 


岸和田市のI様邸のお風呂入れ替えや塗装、耐震工事などを行うことになり、工事着工までの期間に「キッチンの天井から雨漏りしてるんです」とご連絡をいただいたので、先に応急処置をさせていただくことになりました。

キッチンで雨漏り

2階のベランダの下にはキッチンがあり、窓付近の天井から雨漏りが発生したとのことです。

2階の天井部分の雨漏りの場合、屋根に原因があることがほとんどですが、1階の天井の場合、上のお部屋などに問題がある可能性があります。

I様邸は真上にベランダがあり、そこに問題がある可能性が大きいです。

庇が傷んでいます

キッチンの窓の上の庇も傷んでいましたが、ここから雨水が入った場合、天井よりも下に位置しますので、天井には雨漏りしません。

ベランダの笠木が割れています

現地調査の時に、ベランダ部分がかなり傷んでいることが判明し、今回の工事で劣化部分を補修してから防水をかける予定でした。

雨漏りが発生したので、工事までにまた漏れないよう応急処置します。

笠木に亀裂が入っています

このように、ベランダの笠木(立ち上がり壁の上部の仕上げ)に大きな亀裂が発生している状態でした。

ベランダの笠木部分からの雨漏りは実は多く発生しています。

外壁の塗膜が剥がれています

ベランダの笠木と外壁の取り合いの塗膜が剥がれてきていました。

モルタル壁の中に水が慢性的に回ると、このように塗膜が浮き上がってきます。

防水テープを貼って処置します

ベランダの笠木の亀裂が入っている箇所に強力な防水テープを貼って応急処置しました。

応急処置完了

この防水テープは剥がす方が困難なくらい強力ですので、この部分から雨水が入ることはありません。その後、雨漏りが止まったとご連絡をいただきました。

ベランダは外部に面しているので劣化しやすく雨漏りのリスクも高い箇所です。

もしあなたも、ベランダで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

 

現地調査はこちら(岸和田市のお風呂入れ替えなどの調査)


つづきはこちら(岸和田市のお風呂の解体)

関連のヤマナカ工事の日記を見る