HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市の外壁塗装の高圧洗浄と各所の養生 1/13

泉佐野市の外壁塗装の高圧洗浄と各所の養生 1/13

泉佐野市H様邸 内装・外装リフォーム工事 


泉佐野市の外壁塗装です。H様邸は今回の工事で内装と外装のリフォームをされます。塗装工事で使用する仮設足場を設置したので、高圧洗浄の工程に入ります。屋根や外壁の塗装では高圧洗浄が必須の項目です。汚れたままの外壁にいくらいい塗料を塗っても付着が悪く剥がれてきてしまうからです。塗料を長持ちさせるためにも洗浄で汚れや古い塗膜をきれいに洗い落とすことが重要です。

高圧洗浄で汚れを落とします

高圧洗浄機を使用して一番高い位置から順に洗浄していきます。強い水圧で汚れを落とすので、汚れた水が下に流れていきます。

最近では扱いやすくお手頃な高圧洗浄機が一般的に販売されていますが、塗装職人が使用する洗浄機は業務用で、水圧が高く、体に当たると怪我をする可能性があるため、洗浄時にはできるだけ出入りするのは控えましょう。

庇なども洗浄

庇や雨戸、戸袋なども洗浄します。

戸袋を洗浄するには雨戸を動かさないといけないので、雨戸の施錠はせず、動くようにしておいてください。

玄関周辺もきれいになります

新しく入替えた玄関引き戸にも汚れた水が付きますので、最後に洗浄機にかけます。

玄関アプローチのタイルや土間も洗浄するので、以前よりも明るくなります。

各所を養生します

高圧洗浄後、水分をきちんと乾燥させてから各所を養生します。

養生とは保護することで、塗装工事の場合、塗料で汚してはいけない部分を養生します。

庇や樋は最後に塗装します

庇や雨樋は塗装しますが、外壁を塗装する時に塗料が付かないように初めはシートで養生しています。外壁塗装後に、雨戸や庇などの付帯部分を塗装します。

屋根も養生しました

H様邸の屋根は陶器瓦なので塗装はしません。外壁を塗装する時に塗料が飛散して下屋の瓦に付く危険性があるので、下屋全体をシートで覆いました。塗装の最中に下屋の上を行き来するので、滑りにくい素材の養生シートを使用しています。

 

次は塗装の様子をご紹介します。

 

前日はこちら(泉佐野市の足場設置や玄関引き戸の入替) 

 

つづきはこちら(泉佐野市の外壁塗装)

 

現地調査はこちら(泉佐野市の内装・外装工事の現地調査) 

関連のヤマナカ工事の日記を見る