HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >陸屋根にウレタン樹脂塗膜防水材2回目塗布とトップコートで完了です! 8/31 岸和田市包近町

陸屋根にウレタン樹脂塗膜防水材2回目塗布とトップコートで完了です! 8/31 岸和田市包近町

岸和田市包近町 M様邸 雨漏り修理 5日目/ウレタン樹脂2回目塗布とトップコート

ウレタン樹脂塗膜防水2回目塗布

岸和田市包近町の陸屋根防水工事で前日、ウレタン樹脂塗膜防水材1回目塗布をご紹介しました。本日は、防水材の2回目の塗布とトップコートをご紹介します。

ウレタン樹脂は液状で、防水を施す面に塗布し、乾くと硬化して弾力のある防水膜ができます。

屋根全体をしっかりと防水します!

防水材をただ塗ればいいと言う訳ではなく、薄すぎると耐久性が得られませんし、厚塗りしすぎても乾燥不良などを起こす可能性があります。性能を発揮するためには定められた量があるので、それを全体的に均等になるように塗布することが大切です。

防水層を保護するトップコート

ウレタン樹脂は二回に分けて塗布することで、ムラなく仕上がり、均等な防水層ができます。この防水層は紫外線にあたると劣化してきますので、かならず上にトップコートを塗布します。(グレー)

ウレタン防水完了です!

トップコートを塗布することで、防水層を紫外線から守ります。防水層が劣化してひび割れなどが起こると雨漏りにつながりますので、定期的にトップコートを塗り替えて防水層を保護しましょう。

穴が空いています

防水前は本宅と増築部の取り合いの壁に穴が空き、屋根の勾配が緩やかなので、水が本宅側に廻ってしまっていました。

施工後

取り合い部分に新しく壁を設置し、防水層を立ち上げました。継ぎ目のない一体性のある防水層なので、こちら側に雨が廻ってきてもしっかりと防水してくれます。

本日で、陸屋根防水工事は完了です。

ベランダや陸屋根が傷んでお困りの方、一度点検してみてはいかがでしょうか?

やまなか工務店では、ご相談・点検・お見積り無料です。お気軽にご相談くださいね。

 

前日はこちら(包近町のウレタン塗膜防水塗布1回目) 

 

現地調査の様子はこちら(包近町の雨漏りの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る