HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の出窓の改修とユニットバスの土間打ち 5/11

岸和田市の出窓の改修とユニットバスの土間打ち 5/11

岸和田市N様邸 水回り入替と内装改修工事 


岸和田市の出窓改修のご紹介です。N様邸は今回の工事でキッチンやお風呂などの水回りを入れ替えて内装もきれいにリフォームします。

床を延長します

キッチンの移設先の出窓周りの壁を解体して、出窓の壁の厚み分お部屋の中を広くします。

写真は出窓下の壁を解体した後の様子で、室内が広がる分、床を延長させます。

出窓の上の庇を撤去

出窓の上にある庇を撤去しています。

電動カッターで切り込みを入れて解体しています。工具の大きな音と、たくさんのホコリが舞う中作業を進めます。

出窓の上の壁を撤去

庇の屋根を撤去した様子です。

室内から見ると、庇の下地が見えます。

この下地も撤去して、窓の上に天井まで壁を立ち上げます。

 

補強の鉄筋を入れました

この日は新しく設置するユニットバスの土間打ちも行いました。

既存のタイル張りのお風呂を解体・撤去してできたスペースにユニットバスを支える頑丈な土間基礎を設置します。

あらかじめ排水管を立ち上げておき、補強の鉄筋を入れました。

ユニットバスの土間を打ちます

続いて、コンクリートを打設して土間を打ちます。

補強の鉄筋を入れると、コンクリートが乾燥する際に起こるひび割れを防止でき、丈夫な土間を作ることができます。

関連のヤマナカ工事の日記を見る