HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >増築部と本宅の取り合いから雨漏り発生で現地調査の様子をお伝えします! 8/25 岸和田市包近町

増築部と本宅の取り合いから雨漏り発生で現地調査の様子をお伝えします! 8/25 岸和田市包近町

岸和田市包近町 M様邸 雨漏り調査 

取り合いから雨漏り発生

屋根の勾配

岸和田市包近町のM様より「以前から雨漏りしていて、だんだんひどくなってきたので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

雨漏りしている箇所は、写真の木造建ての本宅と手前にある鉄筋の増築部の取り合いにある廊下の天井でした。

増築部の陸屋根の勾配が緩やかで、雨が軒先にきちんと流れず、本宅側にも流れてしまい、なおかつ取り合いが防水処理されていなかったのが原因でした。

 

広範囲で雨漏りしています!

雨漏りしていた廊下の天井です。端から端まで広範囲での雨漏りでした。

向かって左側の壁の上が、増築部と本宅との取り合い部分になります。

水を含んで剥がれてきています

長い間雨漏りされていたとのことで、天井のクロスが水を含んで剥がれてきていました。雨はどんどん浸入し、壁も変色していました。

照明の周りの雨漏り

照明器具の周辺でも雨漏りしていました。

雨漏りによって雨水が天井裏や壁面内を伝い、電気配線などの隙間に入り込むと漏電が起こる場合があります。漏電が起こると、感電や火災を引き起こす可能性があり、大変危険です。

床にまで達した雨漏り

天井に出てきた雨漏りは、壁を伝い、床にまで達していました。

雨漏りは建物を腐食させ、カビやシロアリを呼び寄せるなど、様々な被害を生み出します。

穴が空いています

雨が浸入している可能性がある本宅と増築部の取り合いの現況です。

屋根の勾配が悪いのが原因で、雨が軒先にきちんと流れず、本宅側の取り合いの方へ流れた時、取り合いを防止処理していれば雨漏りのリスクは低減していたのですが、防水処理がされていなく、更に壁際に穴が数か所空いている状態でした。これでは雨がそのまま内部に浸入してしまいます。

 

雨漏り修理として、陸屋根をウレタン防水することになりましたが、その時に、この取り合い部分の手前に新しく壁を設置して、防水層を立ち上げられるように改修します。

 

屋根側面のクラック

陸屋根の側面は劣化して大きなひび割れがいくつもありました。このひび割れは、防水する前にきちんと補修します。

軒先は欠損していました

陸屋根の軒先は劣化が進み、一部欠損していました。他にも弱っている部分があれば叩いて落とし、モルタルで復旧してから防水します。

次は、工事着工で、陸屋根防水前の躯体補修です。

 

つづきはこちら(包近町の陸屋根ウレタン防水工事着工)

 

関連のヤマナカ工事の日記を見る