HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >外壁側に筋交い入りの強い耐力壁を設置しました! 3/1岸和田市下池田町

外壁側に筋交い入りの強い耐力壁を設置しました! 3/1岸和田市下池田町

岸和田市下池田町 U様邸 耐震改修工事 3日目

玄関の耐力壁

外壁側の耐力壁に筋交い設置

岸和田市下池田町の耐震改修工事で前日、玄関の耐力壁設置個所の土台と基礎を固定し、外壁の一部を撤去しました。本日は、玄関の耐力壁に構造用合板を張り、外壁側の耐力壁に筋交いも入れました。

筋交いは、柱と柱の間に斜めに取り付けた部材のことです(写真・右)

つっかえ棒のような原理で、地震や台風の時に生じる揺れによって、建物が倒れようとする力に抵抗しています。筋交いの組み方は、片方向だけの「片筋交い」たすき状にかける「たすき掛け」の二種類あります。

防腐剤を塗りました!

外壁側の耐力壁の受け材と土台に防腐剤を塗りました。防虫・防蟻・防腐・防カビの効果のある塗料を塗りました。

床下から始まるシロアリ被害は、目の届かないところで進行し、見つけた時には重大な被害になっていることがあります。
そういうリスクを少しでも低減できるように、あらかじめ防腐処理をおこないます。もちろん、防腐の意味合いもあります。

断熱材を入れました

耐力壁に断熱材を入れました。

断熱材は大きく分けると「繊維系」と「発泡プラスチック系」の二種です。

いずれも空気の層をつくることで、外気温の影響を家の中の温度に伝えないことが目的です。

構造用合板

外壁側の耐力壁に断熱材を入れてから構造用合板を張っています。この右隣はトイレ部分の外壁で、ここにも耐力壁を設置します。

構造用合板とは、建物の構造上で強度を必要とする場所に使う合板です。主に、床や壁 ・屋根下地などの下地材として使用します。

 

室内用の仮設トイレ設置

U様邸は同時にトイレのリフォームもされます。

便器を入替、内装のタイルを撤去しクロス張りにするので数日かかります。ですので、仮設トイレを設置しました。屋外に置くスペースがなかったので、室内用の仮設トイレを設置しました。

関連のヤマナカ工事の日記を見る