HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >間取変更に伴う補強工事・柱と梁を入れて金具でしっかりと固定! 5/21 高石市

間取変更に伴う補強工事・柱と梁を入れて金具でしっかりと固定! 5/21 高石市

高石市H様邸 水回り中心のリフォーム

柱を入れます

高石市の水回り入替などの工事で前日、お風呂入替でTOTOのユニットバスを設置しました。

本日は、間取変更に伴う補強工事などを行っています!

廊下と玄関ホールを一部お部屋に取り込む際に柱と壁を撤去したので、新しい柱と梁も入れて補強します。写真は、キッチンと玄関の取り合いに柱を設置している様子です。

梁を入れて補強します!

黄色い点線部分に新しい梁を古い梁に抱かせるようにして補強します。

梁を入れるので、天井を一部剥がしました。

 

2人で梁を持ち上げます

大きな梁を2人掛かりで持ち上げて設置します。

とは、柱の上に棟木と直行する方向に横に渡して、建物の上からの荷重を支える部材のことです。

叩いてはめ込みます

梁は大きすぎると収まらないですし、逆に余裕がありすぎると意味がありません。ですので、小槌で叩いて押し込んではめ込むくらいの長さがちょうどいいです。

金具でしっかりと固定!

梁を入れて、柱と既存の梁に向かって金具でしっかりと固定します。

平面アンテナを設置

テレビの受信が弱くて映りが悪かったので、アンテナを設置することになりました。

H様邸の屋根は勾配がきつく屋根の上での作業が困難だったため、壁に平面用のアンテナを取付けます。電気の職人が慎重に作業中!

 

次は洗面所の内装などを行います。

 

前日はこちら(高石市のTOTOのユニットバス設置) 

 

つづきはこちら(高石市のユニットバスの出入り口に枠材取り付け)

 

現況はこちら(高石市の水回り入替工事の現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る