HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >既存の窓を再利用したユニットバス設置/窓周りもきれいに収まりました 5/19 高石市

既存の窓を再利用したユニットバス設置/窓周りもきれいに収まりました 5/19 高石市

高石市H様邸 水回り中心のリフォーム

ユニットバスを設置します

高石市のキッチンやお風呂入れ替えなどの工事で前日、既存のガス管の移設やトイレの撤去などを行いました。本日は、ユニットバスの土間基礎が乾いたのでユニットバスを組み立て・設置していきます!ユニットバスは床や壁、棚など数多くの部材をお風呂場の中で組み立てて設置します。

写真はユニットバスの部材を搬入している様子です。

床から組み立てます

ユニットバスは、既存のお風呂場を解体してできたスペースの中で部材を組み立てて設置します。

はじめに、床から設置して、浴槽・壁なども設置していきます。

専用の窓枠を取付けます

既存の窓は再利用するので、撤去せずにそのまま残しました。

先ほどもお伝えしましたが、ユニットバスは既存のお風呂場の中に設置するので、既存の窓と新しいユニットバスの壁の間に幅ができます。その部分には専用の枠材があるので取付けます。

 

水栓などを取付けました

白い窓枠を取付けて窓周りがきれいに収まりました。

他にも水栓やシャワー、棚なども取付けました。

給湯器を取付けます

設備の職人が、外壁に壁付けの給湯器をとりつけています。

ユニットバス設置後、配管を繋ぎます。

お風呂入れ替え完了

新しいお風呂はTOTOのサザナです。

事前にショールームにご同行し、細かい仕様を決めました。

水回り商品は、実物を見て、触って確かめてから決められる方が後々後悔しないと思います。

工事が終わるまで傷から守るため専用の養生材で保護しました。

 

次はテレビのアンテナ取付けや梁補強などを行います。

 

前日はこちら(高石市のガス管移設など) 

 

つづきはこちら(高石市の間取り変更に伴う補強工事)

 

現況はこちら(高石市の水回り入替の現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る