HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市の耐震改修も行った全面リフォーム完了 5/26

泉佐野市の耐震改修も行った全面リフォーム完了 5/26

泉佐野市T様邸 耐震工事を含めた全面リフォーム工事完了 

 

泉佐野市の耐震改修及び全面リフォーム完了の様子です。T様はこの工事で別宅をリフォームしてお住いされることになりました。安心して暮らせるようにと耐震診断を行い、台風被害に遭った土葺きの瓦屋根を歩い屋根材に葺き替え、耐力壁を設置するなどの耐震工事、制振装置マックワンの取付、水回り入替やすべてのお部屋の内装もされました。見た目はもちろん美しく、安心・快適な住まいになりました。この記事では改修後の様子をお伝えします。

屋根葺き替え完了

台風で瓦が飛散し、2階のお部屋に雨漏りが発生しました。屋根を修理するか葺き替えるかご検討されていましたが、耐震補強の数値を満たすために軽いスレートに葺き替えました。

屋根を軽くすることで建物の重心が下がり安定するので、揺れを受けた時に倒壊しにくくなります。

外壁塗装完了

屋根を葺き替え、雨樋も交換しました。

塗膜が傷んで色褪せてきていた外壁もきれいに塗装したので、まるで別の家のようです。

塗装前に外壁に発生したひび割れを適切な方法で処置したので防水性能も確保できています。

外部水栓

「大きなものや汚れたものを洗うために外部に流しが欲しい」とのご希望で、キッチンから配管を分岐させて通し、玄関に近い位置にある外壁に大きな流しを設置しました。

工事後にお話をお聞きすると、とても便利で重宝している、とのことです。

波板張替え

1階に設置されているテラスの波板は経年で変形し、黄色く変色していたので、この機会に丈夫なポリカ波板に張り替えました。外壁を塗装してきれいになるので、美観性を高めるためにも張替えをお勧めしました。

玄関引き戸入替

玄関引き戸も入れ替え、ホール・廊下の聚楽壁も塗り替えました。床のフローリングも張り替えました。天井は板張りの和天井でしたが、明るいクロス貼りになりました。

洋室完了

1階の洋室は書斎として使用されます。

床・壁・天井を張り替えてリフレッシュしました。階段下のスペースには本棚を置く予定です。

お風呂入替

タイル貼りのお風呂は暖かいユニットバスに入替えました。TOTOのユニットバス、サザナです。

乾燥暖房換気扇を取付けたので、冬場の入浴時も安心です。

ユニットバスに内窓設置

お風呂の既存の窓は再利用し、新たに内窓を設置しました。洗濯物を干せるようにバーも配置しています。

浴室内にあう白いフレームです。

洗面台入替

洗面所は内装をきれいにし、洗面台を入替、お風呂と同様に内窓も設置しました。

新しい洗面台はトクラスのエポックです。鏡の内側が収納になっているので、細かいものを収納しても見た目がごちゃごちゃしません。また、壁出し水栓なので、汚れが溜まりにくくお掃除も簡単です。

1階のトイレ

T様邸は簡易水洗だったので、この工事で下水切り替えを行い、便器も入れ替えました。

手洗い器は別に設置したので以前よりも使いやすくなりました。

2階のトイレ

2階の和室の押入れを活用し、トイレを増設しました。

1階と同じ便器でクロスなどもすべて揃えました。

ご主人様は2階で寝られるそうなので、トイレがあると便利ですね。

キッチン入替

キッチンは再利用し、レンジフードをお手入れしやすいタイプに交換しました。

キッチン周りはタイル張りでしたが、キッチンパネルを貼ったので簡単に拭き掃除ができます。

床・壁・天井も張り替え明るいキッチンになりました。

和室の内装

1階の和室は聚楽壁を塗り替え、障子を貼り替えました。

大きな腰窓にはリクシルの内窓を取付けています。内窓を取付けると気密性がアップし、断熱効果や防音効果を得られます。

畳は再利用しました。

階段室と廊下

階段室と廊下の聚楽を塗替え、廊下のみ羽化を張り替えました。

正面に見えているドアは増設したトイレのドアです。

2階和室

二間続きの和室は聚楽を塗り替え、畳は表替えしました。

きれいな色の聚楽を採用したので、明るい和室になりました。

トイレ増設和室

正面の床の間の横には押入れがありましたが、この工事で解体してトイレを増設しました。

和室側の間仕切り壁は聚楽を塗って仕上げています。

和室の内窓

2階にはもう一つ和室があります。

畳を表替えし、聚楽壁を塗り替え、内窓を設置して快適な和室になりました。

耐力壁を設置します

工事完了後は目に見えないですが、事前に耐震診断を行い、耐震改修工事をしました。

梁や柱、土台などを補強金物で補強し、バランスよく耐力壁を設置しています。

トイレにマックワン取付け!

こちらも工事完了後は目に見えてこないですが、制振装置マックワンを取付けました。

マックワンは地震の揺れを吸収して半減してくれる制振装置です。梁と柱の接合部にY字に取付けます。マックワンも一番効果があるように本数や配置を決めています。

やまなか工務店は耐震診断者による耐震診断を行っております。今後の地震で心配されている方はお気軽にご相談ください。

 

「丁寧に工事してくださってありがとうございます。これで安心して暮らせます」

T様の快適な暮らしのお手伝いができてうれしく思っています。

有難うございました。

 

前回はこちら(泉佐野市の塗装リフォームの付帯部の塗装) 

 

現地調査はこちら(泉佐野市の耐震改修を含めた全面リフォームの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る