HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >軽量鉄骨でALCパネルの外壁とスレート瓦の屋根を塗装/足場設置と雨漏り調査 8/17 貝塚市半田

軽量鉄骨でALCパネルの外壁とスレート瓦の屋根を塗装/足場設置と雨漏り調査 8/17 貝塚市半田

貝塚市半田 M様邸 外壁・屋根塗装工事/足場設置と雨漏り調査など 

外壁・屋根塗装着工

貝塚市半田のM様より「雨漏りしてるみたいなんです・・・」とご相談があり、現地調査時にお話をお聞きすると、塗装リフォームの時期でもあるので塗装もお考えで、打ち合わせをして外壁と屋根を塗装することになりました。

雨漏りが心配で、ご自身で玄関の屋根辺りにあった穴に樹脂を詰めて様子を見られていたそうですが、それ以降雨漏りの音はしなくなったそうです。軽量鉄骨のお家で、壁の中にある構造が雨漏りで傷んでいないか気になるというご相談で、壁に穴を空けて調査をすることになりました。

シーリング劣化状況

M様邸の外壁は、ALCという軽量気泡コンクリートパネルです。窓の周りなどの雨染みが目立ち、パネルの継ぎ目のシーリングは痩せていました。

塗装前に、シーリングを増し打ちします。

色褪せしたスレート瓦です

屋根はスレート瓦で、表面の塗装が剥げてきて色褪せてきていました。

瓦の塗膜が劣化すると、雨を吸い込んでしまうようになるので瓦にとっていい状態ではありません。塗装するとまた雨を弾いてくれるので雨漏りのリスクも減ります。

屋根パネル撤去

塗装リフォームでは、必ず足場を建てます。

足場を建てる際に、カーポートの屋根パネルに干渉するので、先に仮撤去しています。

足場を建てます

足場を建てています。

高所での作業を安全に行うために足場は必須です。また、足場の周りにメッシュシートをかけることで、塗料の飛散も防止できます。

雨漏りで壁の内部調査中

雨漏りでの壁の内部を調査しています。

地下に下りるところの壁の辺りから雨が落ちる音がしたということで、壁を一部切り取って中を確認しましたが、濡れた跡もなく、構造にも問題ありませんでした。

しばらく中を見られる状態にしておいて、工事の最終に壁を復旧します。

 

次はALCパネルの継ぎ目のシーリング増し打ちをご紹介します。


つづきはこちら(半田のALCパネルの継ぎ目など防水)

関連のヤマナカ工事の日記を見る