HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市の洗面所の内装を改修しトクラスのエポックを設置 5/21

泉佐野市の洗面所の内装を改修しトクラスのエポックを設置 5/21

泉佐野市T様邸 耐震工事を含めた全面リフォーム工事 

 

泉佐野市の洗面所の内装や洗面台の設置工事です。T様邸はこの工事で耐震改修工事や内装、屋根の葺き替え、外壁塗装などの全面リフォームを行っています。タイル貼りのお風呂をユニットバスに入替、洗面所の壁もタイル貼りでしたがクロスの壁に貼り替えます。新しく設置した洗面台はトクラスのエポックです。便利な三面鏡を開けると中が収納になっており、見た目がごちゃごちゃしません。また、一番下の棚が網状になっているので、濡れたコップや歯ブラシを入れて扉を閉めても中に湿気がこもりません。

洗面所の内装下地

洗面所の壁の既存のタイルは撤去せず、上に下地を設置して石膏ボードを張りました。

向かって右側の壁には洗面台を設置するので、しっかりと固定できるように合板下地を張りました。給水管、コンセントなどは壁に開口を開けて通しています。

洗面所にクロスを貼ります

続いてクロスの職人が壁下地の継ぎ目などにパテという補修材を塗って平らに処理し、クロスを貼っていきます。

クロスは分厚い見本帳の中からお好みのデザインのものをお選びいただけます。

床にはクッションフロアを貼りました

床にはクッションフロアを貼りました。

既存の床はフローリングでしたが、この工事で水に強いクッションフロアを採用しました。白っぽい色の床になったので、以前よりも洗面室が明るく見えます。

洗面台を設置

床・壁・天井を仕上げた後、洗面台を設置しました。

新しい洗面台はトクラスのエポックです。

奥の物が取り出しやすい引き出し式の収納は背の高い物もしまえます。また、三面鏡の内側も収納になっています。

白い枠の内窓を設置

洗面所の小窓にはリクシルの内窓を取付けました。

T様邸はこの工事ですべての窓に内窓を設置しました。和室、洋室、浴室、トイレ等、各お部屋の雰囲気に合わせて窓枠を決めました。

浴室と洗面所は白い枠の内窓です。

排水トラップ

洗濯用の水栓も全自動用の水栓に交換しました。また、洗濯パンを設置せず洗濯機を使用できるように、床に専用の排水金具を取付けました。

仮撤去していた畳を戻しました

1階のキッチンの隣にある和室の畳は再利用するので工事中に傷付けないように仮撤去していました。和室の耐震改修や制振装置マックワンの取付、内窓の設置などの工事がすべて完了したので仮撤去していた畳を戻しました。

インターホンを交換

インターホンも顔が映る機種に交換しました。

顔が映ると訪問者の顔を確認してから対応できるので安心です。

関連のヤマナカ工事の日記を見る