HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市のキッチンの換気扇を入替キッチンパネルも貼りました 5/18

泉佐野市のキッチンの換気扇を入替キッチンパネルも貼りました 5/18

泉佐野市T様邸 耐震工事を含めた全面リフォーム工事 

 

泉佐野市の全面リフォームの中のキッチンの内装です。T様邸は、この工事で耐震改修も行うので、天井や壁を解体・撤去して耐力壁を設置したり、補強金物を入れたり、制振装置マックワンを取り付けてから内装の仕上げを行いました。以前はキッチン周りの壁にタイルを貼っていましたが、お掃除しやすいキッチンパネルを張り、換気扇もお掃除しやすい形状のものに交換しました。天井・壁にはクロスを貼り、床は新しいフローリングを増し張りしました。

天井にプラスターボードを張ります

キッチンの既存の天井には化粧ボードを張っていましたが、今回の工事でクロス貼りになります。

既存の天井板を撤去し、耐力壁の設置などを行ってから、プラスターボードを張りました。

天井下地を復旧

耐力壁を設置する際に、天井の下地も一部撤去しました。

プラスターボードを張るために、撤去した下地を復旧しました。右側に見えている壁が耐力壁です。

耐力壁とは、地震の横揺れ、台風時の横方向からの風などの水平方向からかかる力に抵抗し、建物を支えるための強い壁のことです。

換気扇周りの壁には合板を張ります

壁にもプラスターボードを張りました。

キッチンは再利用しますが、換気扇は型が古く、お掃除が大変だということで、今どきのお掃除しやすくなった換気扇に交換することになりました。換気扇周りの壁は換気扇をしっかりと固定できるように合板を張ります。

目地をパテ処理します

壁下地を設置した後、プラスターボードの継ぎ目などにパテという補修材を詰めて段差をなくして平らに整えました。パテ処理及びクロス貼りはクロス職人が行います。

キッチンパネルを張ります

キッチンは元の位置に復旧します。

以前はタイル壁でしたが、お掃除しやすく汚れが付きにくいキッチンパネルを貼ります。

キッチンを復旧

仮撤去していたキッチンを元の位置に復旧しました。

きれいに、そして大切に使用されていたので、まだまだ活躍してくれそうです。

換気扇取付け

新しい換気扇は、簡単にお掃除できるパナソニックの換気扇です。

見た目もシンプルで、扱いやすい換気扇です。

クロスを貼ります!

続いてクロスを貼ります。

天井・壁ともに模様のない白いクロスを採用しました。

天井のクロスを貼る時は、簡易足場を設置してその上にのって作業します。

キッチン完成

キッチンのリフォーム完成です。

床・壁・天井を張り替え、小窓と掃き出し窓にはリクシルの内窓を取付けました。奥様はキッチンで過ごす時間が長いので、きれいになると嬉しいですね。

仕上がってからは見えないですが、壁の内側には耐力壁や制振装置マックワン、補強金物でしっかりと補強し、地震に備えています。

 

次は玄関引き戸の入替などの様子をご紹介します。

 

前回はこちら(泉佐野市のキッチンの床束を鋼製束に入替) 

 

つづきはこちら(泉佐野市の玄関引き戸の入替)

 

現地調査はこちら(泉佐野市の耐震改修を含めた全面リフォームの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る