HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >土台水切りや雨戸などの付帯部分の塗装を行っています!12/2大阪府

土台水切りや雨戸などの付帯部分の塗装を行っています!12/2大阪府

大阪府で前日、屋根・外壁の上塗りを行いました。本日は、土台水切りや雨戸などの付帯部分の塗装を行っています。12/ 2 この工事に関するお問い合わせは0120-103-718まで。

大阪府 A様邸 第一期工事 外壁・屋根塗装 7日目 H28.12/2(金)

多彩模様の外壁塗装完了

前日の工事で、屋根と外壁の上塗りを行いました。外壁は美しい多彩模様が特徴的なアーバントーンという塗料で塗装しました。紫外線・熱・雨などの劣化原因にも強く、汚れが付きにくい。そして目立ちにくいので長期に渡り美観を保てます。

雨戸塗装に伴う研磨作業

本日は、雨戸や水切りなどの付帯部分の塗装を行っています。

写真は雨樋の塗装前の様子で、紙やすりで表面を研磨し、汚れやカビなどを落としながら目荒らし(表面を粗くする)します。

雨戸吹付塗装

表面を目荒らしすることで、塗料のくっつきが良くなります。吹付で塗装し、艶を取り戻した雨戸は新品のような仕上がりになります。

土台水切り塗装中

土台水切りを塗装しています。

土台水切りとは、外壁から伝わった雨が土台に侵入しないように設ける細い溝のことです。

雨樋塗装

雨樋(軒樋・竪樋・集水器など)もすべて塗装します。雨樋の溝はあらかじめチェックし、ゴミが溜まっている場合は掃除しておきます。

 

次は仮設足場の解体を行います。

 

関連のヤマナカ工事の日記を見る