HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >忠岡町でブロックを積み上げてリクシルの目隠しフェンスを設置!1/14

忠岡町でブロックを積み上げてリクシルの目隠しフェンスを設置!1/14

忠岡町で外構にブロックを積み上げアルミ製の目隠しフェンスを設置した様子をご紹介します。

 

家の裏の敷地に設置していた万年塀を撤去して、丈夫な基礎を設置してからの作業です。

基礎にコンクリートを打設し、乾燥させるために日にちを開け、型枠を取り外しました。

 

忠岡町でブロックを4段積み上げて目隠しフェンスを設置します

新しく設置した基礎にブロックを積み上げていきます。

 

基礎を打設する時にブロックを積むための縦筋(縦方向の鉄筋)を埋め込んで設置したので、そこにブロックの継ぎ目がくるように積み上げていきます。

忠岡町でモルタルを使ってブロックを積み上げます

ブロックを積み上げて接着するために、ブロックの間にモルタルを敷きます。

また、ブロックの穴にもモルタルを詰めていきます。

 

※モルタルとは・・セメントと砂、水を混ぜ合わせたもの

忠岡町で行ったブロック積み

新しく設置した基礎とブロックを繋げるために、基礎の上にモルタル敷いてからブロックを積みます。

 

基礎を設置する時に埋め込んでいた縦筋部分にブロックの継ぎ目を配置し、穴にモルタルを詰めて固定します。

忠岡町のブロックの間に横筋を挟んで補強

基礎を設置する時に仕込んでおいた縦筋により、基礎とブロックを一体化させることができます。

 

また、ブロックを横方向に繋げるためにブロックの溝に横筋を配置してモルタルを詰めて固定します。ブロックを積み上げる時には水糸という水平を記す糸を張って作業しています。

忠岡町でブロックを4段積み上げました

ブロックの間にモルタルを敷き、横筋を配置して4段積み上げました。

 

水平・垂直を確認しながら美しく、耐久性を確保できるように積み上げています。

忠岡町のブロック積み上げで控え壁も設置

ブロック塀を積み上げる際には高さや長さに応じて「控え壁」のブロックを配置しないといけません。

 

控え壁はブロックを支えて補強するためのもので、地震時にブロックが倒壊するのも防ぐ役割があります。

忠岡町のブロックの穴にフェンスを設置します

K様邸ではブロックの上にアルミ製の目隠しフェンスを設置します。

 

フェンスの柱を設置する箇所にはモルタルを詰めずあけておき、他の天端はモルタルを詰めて仕上げました。

忠岡町のフェンスをモルタルで固定

ブロックを積み上げた後、エクステリアの職人が現場に入ってフェンスの設置工事を行いました。

 

フェンスの柱をブロックの穴に差し込んでモルタルを詰めて固定していきます。

 

 

忠岡町で設置した風が通る目隠しフェンス

設置したフェンスはリクシルのフェンスAB、YL3型です!

 

横ルーバーで、目隠しになりますが風を通す形状です。

色は人気のアーバングレー!シンプルですっきりとしたフェンスです。

近年、台風が頻繁に発生するので、風を通す形状の方がフェンスが倒れにくいので採用しました。また、地震でブロックが倒れるのも怖いので、4段の低いブロック塀を設置しています。

 

K様邸の外構工事はこれで完了です!

「塀が古くなって、地震で倒れるんじゃないかと心配でしたが、この先は安心して暮らせます。丁寧に工事してくれてありがとうございました」

K様のお力になれて嬉しく思っています。

 

ありがとうございました(*^-^*)

忠岡町K様邸の現場ブログ

ブロックやフェンスの設置をご検討されている方へ

ブロック塀

「老朽化したブロック塀を撤去したい」

「プライバシーを保ちたいので目隠しフェンスを設置したい」

などご検討されている方はおられますか?

 

やまなか工務店はブロック塀の解体や新規の設置、フェンス設置などのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談くださいね(*^-^*)

ご相談・調査・お見積りは無料です!お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!