HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市のアクセントパネルをグレーにしたTOTOのお風呂 8/27

岸和田市のアクセントパネルをグレーにしたTOTOのお風呂 8/27

岸和田市I様邸 お風呂入れ替えや外装リフォーム 


岸和田市のお風呂入替工事で今回はユニットバスの設置の様子をご紹介します。

ユニットバスを設置します

I様邸の既存のお風呂はタイル張りで、お掃除も手間暇がかかっていましたが、新しく設置するユニットバスは壁がパネル状で洗いやすく、床や浴槽にも汚れが付きにくいので嬉しい仕様です。

 

ユニットバスは写真のようにトラックの荷台に積み込んで施工日の当日、朝に搬入されます。

各部材を組み立てながら設置していく組み立て式のお風呂です。

床から設置していきます

一番初めにユニットバスの床から設置していきます。

ユニットバスを支える架台を設置するとともに、床板の排水トラップ(水廻りの排水配管の一部に水をためて、臭気などを防止するための構造のこと)などを接続します。

魔法瓶浴槽

浴槽は傷が付かないようにきちんと養生・梱包された状態で搬入されます。

この浴槽は魔法瓶浴槽という、保温性能を備えた浴槽です。

浴槽の周囲の断熱材と断熱風呂蓋により、浴槽内の温度の低下を抑えてくれます。

グレーのシックなお風呂

床部分を設置し、金属のフレームを取付けて、壁パネルや天井をはめ込みます。シャワーや水栓、棚や専用の窓枠などを取付けて完了です。

アクセントパネルにはシックなグレーを採用!大人っぽいお風呂になりました。

養生しておきます

ユニットバスを設置した後には、給湯器を接続したり、リモコンを取付けたり、換気扇などの電気工事なども行いますので、作業中にユニットバスを傷つけないように養生しました。

関連のヤマナカ工事の日記を見る