HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >阪南市の屋根・外壁塗装と台風被害箇所のご相談

阪南市の屋根・外壁塗装と台風被害箇所のご相談

阪南市T様邸 台風被害箇所及び屋根・外壁塗装の現地調査 

 

阪南市にお住いのT様より、台風時にテラスの波板が飛ばされたというご相談をいただき、

その時に「屋根と外壁の塗装も検討しているんです」とのお話があり、

後日、塗装リフォームなどを行いました。

 

この記事では現地調査の様子をご紹介します。

 

 

 

阪南市の屋根・外壁塗装のご相談

T様邸は木造・2階建ての住宅で屋根はスレート葺き、

外壁はモルタルのスタッコ吹き付け仕上げです。

 

建ててから15年以上が経過してまだ一度も塗装されておらず、

屋根や外壁の塗膜が色褪せて全体的に暗い雰囲気になっていました。

 

阪南市・スレート屋根や外壁を塗り替える理由

屋根や外壁の塗り替えをお勧めしている理由は、見た目を美しくするだけではなく、

建物の防水性を確保することが建物を長持ちさせることに繋がるからです。

 

基本的に、スレート屋根や外壁は、塗装により防水性を持たせていて、

その塗膜は紫外線や雨風などの影響でどうしても劣化してしまいます。

 

塗膜が劣化することにより、スレートや外壁自体の劣化が進み、

雨漏りするなどの被害を及ぼしてしまいます。

 

 

大切なお住いを雨水から守るためにも、10年~15年に一度の塗り替えをお勧めしています。

 

それでは阪南市T様邸の塗装前の現況の様子を参考に、

屋根・外壁の塗り替えについて詳しくお話したいと思います。

 

 

 

T様邸のスレート屋根の現況

阪南市のスレート屋根の塗膜が傷んでいます

T様邸の屋根はスレート葺きです。

 

スレートとは厚みが5mmほどの平らな板状の屋根材のことです。

 

主にセメントと繊維素材でできていて、素材自体が水分を吸い込む性質を持っているので、表面を塗装をして防水性を加えています。

 

その塗膜が傷んでくると、防水性が低下し、スレートが雨水を吸い込むようになります。

 

そうすると、雨水を吸いこんだり乾燥する際の膨張・収縮の動きでスレートが

反ってきて割れてしまいます。

 

更に進行が進むと、スレートが脆くなって塗装でのメンテナンスができなくなるため、

そうなる前に塗膜で保護することが屋根や外壁を長持ちさせることに繋がります。

 

 

 

阪南市のスレート屋根に苔が生えています

T様邸のスレートには苔が生えていました。

 

スレートの塗膜が傷んで雨水などを含むようになると、このように苔が生えることがあります。

 

苔も水分を含みますので、スレートにとっていい影響を与えません。

 

このような苔や汚れは塗装前の高圧洗浄できれいに取り除きますのでご安心ください。

 

阪南市の棟板金の釘が抜けてきています

スレートの塗膜の劣化以外にも、修繕が必要な箇所がありました。

 

それは「棟板金・むねばんきん」です。

 

棟板金を固定している釘が緩んで抜けかかってきていました。

 

棟とは、屋根の頂点の三角になった水平部分のことで、そこに取り付けてい板金を棟板金と言います。

 

棟板金は棟部分から雨水が浸入するのを防ぐ役割がありますので、剥がれたりズレることがあると雨漏りの原因になる可能性があります。

 

 

 

阪南市の棟板金を固定している釘の緩み

棟は屋根の高い位置にありますので、日々風や揺れなどを受けて続けていて、その影響で釘が少しづつ抜けてくることがあります。

 

そうすると、少しの風でも板金がズレたり飛ばされる危険性があるため、きちんと打ち直さないといけません。

 

T様邸の外壁の現況

阪南市のスタッコ吹き付けの外壁

T様邸の外壁はモルタルのスタッコ吹き付け仕上げです。

 

スタッコ吹き付け仕上げとは、モルタル外壁などの表面に吹き付けにより

模様をつける仕上げのことです。

 

 

月日とともに塗膜が劣化し、色褪せが進んで建物に古い印象を与えていました。

 

 

 

阪南市のスタッコ吹き付けの外壁

スタッコ仕上げはセメントや砂などの骨材を混ぜて葺き潰えているので、表面の仕上がりがザラザラしているのが特徴です。

 

今回の塗り替えではスタッコ仕上げではなく、通常の塗装になりますが、模様が消えることはありません。

 

阪南市の外壁にひび割れが発生

外壁にはいたるところにひび割れが発生していました。

 

外壁のひび割れは大小様々ありますが、

幅が広く奥が深いひび割れは要注意です。

 

ひび割れから雨水が浸入して雨漏りしたり、目に見えない部分で木部が腐食して建物の強度を低下させているかもしれません。

 

阪南市の外壁のひび割れ

外壁を塗装すると、ひび割れが隠れて見えなくなりますが、ひび割れが修繕されたわけではないので、またすぐに同じ箇所から割れてきてしまいます。

 

建物の防水性を確保するためにも塗装する前にひび割れを補修しないといけません。

 

台風の被害箇所・テラスの波板の飛散

阪南市のテラスの波板が飛散

台風の強風でテラスの波板がほとんど飛ばされてしまいました。

 

テラスの波板は洗濯物を干すためだけでなく、雨水からベランダを守る役割もあります。

 

実際に「テラスの波板が飛ばされた後、下のお部屋で雨漏りするようになった」

というご相談をいただくことがあります。

 

ベランダに直接雨水が落ちるのを防いで、雨漏りのリスクを少なくするために、

塗装完了後に波板を張り替えることになりました。

 

 

台風の被害箇所・庇の破損

阪南市の庇の板金が浮いたそうです

台風で庇の板金が浮き上がってしまい、

「万力」という工具で固定して応急処置されていました。

 

このままでは次に強風を受けた時に板金が飛ばされる危険性があるので、塗装前にきちんと固定させていただきます。

 

 

阪南市の庇をしっかりと固定

庇の板金を持ち上げると、簡単に動きました。

 

下地は問題がなく再利用できると判断し、板金を固定する作業のみ行います。

 

T様邸の工事内容

阪南市の塗装リフォーム

足場の設置

 

棟板金及び庇の固定・補強

 

躯体補修(外壁のひび割れ補修)

 

屋根塗装

 

外壁塗装

 

波板張替え

 

以上の内容で工事を行いました。

 

次は外壁の躯体補修(ひび割れ補修)の様子をご紹介します。

 

阪南市T様邸の外壁のひび割れ補修はこちら

 

 

お住いのことはやまなか工務店へ

屋根や外壁が色褪せてきたので、イメージチェンジしたい!とご検討されている方はいませんか?

 

塗料のことなど分かりやすくご説明させていただきますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

 

☆☆ ご相談・調査・お見積りは無料です!まずはお気軽にご相談くださいね。

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで

0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    資料請求もできますよ~!