HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市で爽やかなグリーンの壁のユニットバスを設置 6/20

岸和田市で爽やかなグリーンの壁のユニットバスを設置 6/20

岸和田市K様邸 お風呂・洗面台入替工事 

 

岸和田市のお風呂入替工事で今回はユニットバスの設置の様子をご紹介します。

ユニットバスを設置します

新しく設置するのはTOTOのユニットバス、サザナです。

床が柔らかいのが特徴で、膝をついても痛くありません。冬場でも足元がひんやりしない「ほっカラリ床」です。

部材を組み立てて設置します

既存のお風呂場を解体してできた空間にユニットバスを支える土間を打設し、そこにユニットバスの各部材を組み立てて設置します。

壁と天井の取り合いにシーリング充填

床と浴槽を設置し、ユニットバスのフレームを組み立て、そこに壁パネルをはめ込んで取付け、シャワーや水栓、棚、手すりなどの部材を固定していきます。

最後に壁と天井の取り合いを防水するためシーリングを充填します。

浴槽の取り合いにもシーリングを充填

壁と浴槽の取り合いにもシーリングを充填します。

TOTOのユニットバスは壁に目地がないのでお掃除が楽にできます。

壁にパネルを張って仕上げます

洗面所とユニットバスとの取り合いに専用の壁パネルを張って仕上げます。

浴室内への入り口は使いやすい引き戸を採用しました。

工事中養生しておきます

ユニットバス設置後、工事が完了するまで傷つけないよう専用の養生材で保護しておきます。

爽やかなグリーンの壁のユニットバスになりました。

 

次は洗面所の内装改修の様子をご紹介します。

 

前日はこちら(岸和田市のユニットバスの土間基礎設置など) 

 

つづきはこちら(岸和田市の洗面所の内装リフォーム)

 

現地調査はこちら(岸和田市のお風呂入れ替えなどの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る