HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の玄関引き戸入替!リシェントP23型を設置 9/13

岸和田市の玄関引き戸入替!リシェントP23型を設置 9/13

岸和田市S様邸で行った玄関引き戸入替工事の様子をご紹介します。

 

S様邸はこの工事で離れの和室一間を全面的にリフォームし、外壁も塗装するので古くなった玄関引き戸も交換してほしいというご希望でした。

 

既存の引き戸よりも高さが大きくなるので、カバー工法ではなく撤去して入替えるご提案です。

 

それでは工事の様子をご覧ください(*^-^*)

岸和田市の玄関引き戸を入替えます

既存の玄関引き戸は昔ながらのシルバー色の建具で、現在主流になっている建具よりも高さが低い形状でした。


規格品の玄関引き戸を設置すると「高さが高すぎて気になる」とのことで、ちょうどいい高さになるように特注品をご用意させていただきました。

岸和田市の玄関のサッシを外します

玄関引き戸を外して、サッシも撤去します。


サッシとは窓などのアルミ製の枠のことです。

カバー工法を行う場合は、サッシを残すのですが、S様邸は引き戸の大きさが変わるので、サッシも撤去して開口を広げないといけません。

岸和田市の玄関引き戸の下地を取付け

サッシを外した後、新しく設置する引き戸のサイズに合わせて開口を広げて調整しました。


次に、サッシを固定するための下地枠を設置しました。

高さは既存よりも高くなりますが、幅は少し狭くなります。幅は下地を二重に設置して調整しています。

岸和田市の玄関引き戸のサッシ

新しく設置する玄関引き戸のサッシです。


サッシは組み立てられた状態で工場から運ばれ現場に搬入されます。

サッシや窓などを扱う時は傷つけないようにきちんと保管し、設置した後も工事完了まで養生(保護すること)させていただきます。

岸和田市のサッシ周りにラスカットを張りました

サッシを取付けた後、外壁との取り合いの復旧でラスカットを張りました。


ラスカットとは、モルタルを塗装するための下地のことです。

表面がザラザラしているので、モルタルが密着しやすく、垂直面への塗装も可能です。

岸和田市の外壁をモルタルで復旧

ラスカットを張った後、左官職人がモルタルを塗装して外壁を復旧しました。

S様邸はこの工事で外壁を塗装するので、取り合いがあまり目立たなくなります。

開口部の高さが高くなると開放感がありますし、玄関が豪華に見えますね。

 

岸和田市の玄関引き戸入替完了

玄関の建具を入れました!


工事完了まで傷付けないようにようようしました。

養生していますが開け閉めはできます。

岸和田市の玄関引き戸

トステム 玄関引き戸 リシェントP23型(欄間なし)

サイズ・・W1891 H1985

色・・・オータムブラウン

欄間がなくシンプルなデザインです。また、ガラス面が多いので光をたくさん取り込むことができます(*^-^*)

次は腰窓の敷居撤去などの様子をご紹介します。

 

前回はこちら

➡ 岸和田市で木製の掃き出し窓をアルミ製のサッシの窓に入替!

つづきはこちら

➡ 岸和田市のガラス障子を撤去して敷居を削りました!

現地調査はこちら

➡ 岸和田市の和室の内装リフォーム工事の詳細です!