HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >洗面所と洋室の内装/洋室の床にフローリングを増し張りします! 12/7 泉南郡熊取町

洗面所と洋室の内装/洋室の床にフローリングを増し張りします! 12/7 泉南郡熊取町

泉南郡熊取町 T様邸 水回り入替とその他改修工事/洗面所と洋室の内装

洗面所の床下地を設置しました

泉南郡熊取町の改修工事で前日、洗面所の床組を設置し床下地の構造用合板も張りました。

天井・壁はクロス貼りにするので、クロスの下地を設置します。

洗面所の壁下地

クロスの下地となる石膏ボードを張るために、角材を壁に設置し、ボードを張りました。洗面台を設置する壁は石膏ボードでは弱いので、ラワン合板という強い下地を張りました。

壁クロスを撤去

洋室のクロスも張替えるので、クロスを下地ごと撤去しました。

T様邸の壁には木下地に布クロスを貼っており、下地ごと撤去する必要がありました。

次はお手入れしやすいビニールクロスを貼ります。

洋室の床下点検完了

この洋室は床も増し張り(既存の床の上に新しいフローリングを張る方法)します。

先に床に開口を開けて、床下の土台や基礎に問題が無いか確認し、大丈夫でしたので工事を進めていきます。

床を締めて補強しました

この洋室は既存の床の上に新しいフローリングを張るので、下地となる床を補強します。

既存の床を一定間隔でビス留めし(下地根太に向かって)緩みが出ないように締め付けて補強しました。この作業を増し締めと言い、今後の床鳴りの防止もできます。

 

開口を復旧してフローリングを張っています

床のフローリン貼

床下の点検のために開けた開口を木材で復旧し、新しいフローリングを張っています。

汚れや傷がつきにくく、椅子などのキャスターを使用しても大丈夫なフローリングです。

次はユニットバスの設置などを行います。

 

前日はこちら(熊取町の洗面所の床改修など) 

 

つづきはこちら(熊取町のユニットバス設置)

 

現地調査はこちら(熊取町の水回り入替とその他改修工事の現調)

関連のヤマナカ工事の日記を見る