HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市のユニットバスの土間打ちと洗面所の窓入替 5/2

岸和田市のユニットバスの土間打ちと洗面所の窓入替 5/2

岸和田市K様邸 お風呂入れ替え工事

ユニットバスの土間を打ちます!

岸和田市のお風呂入替工事で本日はユニットバスの土間基礎の設置や洗面所の窓入替えなどをご紹介します。既存のタイル壁のお風呂の床・壁・天井を解体し、そこにできた空間に新しいユニットバスを設置します。

ユニットバスの土間を打つにあたり排水管や水やお湯、追い炊きなどの配管を通しておきました。

補強の鉄筋を入れました

コンクリートは水を含んでいますので、乾燥する段階で割れる可能性があります。中に鉄筋を入れておくと、コンクリートの割れを防いで丈夫な基礎をつくることができます。

しっかりと乾燥

補強の鉄筋を入れた後、コンクリートで土間を打ち、表面を平らにならしました。

しっかりと乾燥させてからユニットバスを組み立てます。

洗面所の窓を入替

洗面所が寒いとのことで、窓を複層ガラスに入替えることになりました。

既存の窓を撤去して新しい窓を取付けます。

面格子付きの二重窓

面格子付きの窓を取付けました。

複層ガラスなので、冬場の寒さが緩和されます。

家の外観に合わせて洋風で白い面格子を採用しました。

取り合い部はモルタルで復旧

外壁との取り合いはモルタルを塗って復旧するので、モルタルの下地のラスカットを張り、ビス頭と周囲にコーキングを充填して防水しました。

 

前日はこちら(岸和田市のお風呂の壁撤去) 

 

つづきはこちら(岸和田市でユパティオの設置)

 

現地調査はこちら(岸和田市のお風呂入替の現地調査) 

関連のヤマナカ工事の日記を見る