HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >オーバーハング金物取り付けと下地の補強など 3/31 泉北郡忠岡町

オーバーハング金物取り付けと下地の補強など 3/31 泉北郡忠岡町

泉北郡 忠岡町 H様邸 改修工事 6日目 

下端に合板を張りました

泉北郡忠岡町の改修工事で前日、既存のラワン合板の外壁の傷んでいる箇所を撤去して新しい合板を下地として張りました。本日は、オーバーハング金物の取付や既存の外壁の補強などを行っています。

メーターなどは浮かして合板を張ります!

外壁に付帯しているメーターや給湯器などは一度浮かした状態にしてから下地の合板を設置します。この後、外壁材を設置する時も同じように浮かした状態で作業します。

オーバーハング金物取付

H様邸の外壁はラワン合板の上に塗装をしている壁でした。今回の改修で、既存の外壁を下地にしてその上に新しい外壁材を張ります。

外壁の下部分の傷んだ箇所を撤去して新しく合板を設置した後、下端に見えている下地の合板を隠すために、オーバーハング金物という部材を取り付けました。この字型をしている金物で、下端を巻き込むように取り付けられるので雨に濡れるのも防ぐことができます。

既存の外壁を釘で留めて補強中

既存の外壁(ラワン合板)を下地にするので、等間隔で釘を打ち、締めて補強しています。

釘で打ち留めることで、緩んだ部分がしっかりと固定できます。

目地のひび割れた箇所も補強

既存の外壁の継ぎ目の目地部分の表面の塗膜がひび割れていました。継ぎ目は弱くなりがちですので、目地に沿って釘を打ち留めてしっかりと補強しました。

下地が緩いと上に施工する外壁材もフカフカするのできちんと補強します。

関連のヤマナカ工事の日記を見る