HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >傷んだ外壁を撤去し合板で下地設置!新しい外壁材は金属サイディングです 3/30 泉北郡忠岡町

傷んだ外壁を撤去し合板で下地設置!新しい外壁材は金属サイディングです 3/30 泉北郡忠岡町

泉北郡 忠岡町 H様邸 改修工事 5日目 

泉北郡忠岡町の改修工事で前日、新設した廊下のクロス張りや、屋根の高圧洗浄などを行いました。本日は、外壁のサイディング上張りなどを行っています!

外壁の傷んでいる部分を撤去します!

H様邸は重量鉄骨造りで一階がピロティ(駐車スペース)で、二階と三階が住居です。

外壁は、ラワン合板の上に塗装をしている外壁でしたので、経年劣化で塗膜が剥がれ落ち、合板の表面がめくれている箇所もありました。

下端をカットして撤去中

一階の駐車スペースの上の外壁の下端が腐ってボロボロになっていたので、カットし、撤去しています。(雨が下に下に落ちてくることもあり傷みやすい箇所です)


ボルトを締め直しています!

外壁の下端を撤去すると、二階の土台の木部が現れました。

土台の木部と鉄骨を繋いでいるボルトが緩んでいてはいけないので、しっかりと締め直しました。

壁の下地を設置中

撤去した外壁に合板を張るので、合板を留める下地の角材を設置しています。

合板を張ります!

合板を、鉄骨が隠れる位置まで張ります。

既存の外壁は鉄骨部分が少し見えていましたが、今度は鉄骨が隠れるようにサイディングを張り、見た目をスッキリ・きれいに仕上げます。

金属サイディング

新しい外壁材は金属サイディングです。

金属サイディングはとても軽量で建物に優しく、断熱性に優れ、省エネ効果抜群、ひび割れ・凍害に強いといった特徴を持っています。

関連のヤマナカ工事の日記を見る