HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の外壁塗装前のクラック補修でベランダの壁も補修 3/29

岸和田市の外壁塗装前のクラック補修でベランダの壁も補修 3/29

岸和田市M様邸 屋根・外壁塗装とその他改修工事 


岸和田市の屋根・外壁塗装などの工事で前回、工事着工の足場設置などをご紹介しました。

今回は、外壁塗装前のクラック(ひび割れ)補修の様子をお伝えします。

ひび割れを補修します

M様邸はモルタルの外壁で、写真のような大きなひび割れがいくつかありました。

外壁のひび割れで、幅が広いものを放置するとそこから雨水が内側に浸入して木部を傷めたり雨漏りの原因になることがあります。塗装前にはこういったひび割れをきちんと補修することが大切です。

ひび割れをカッター切します

外壁を点検し、修理が必要なクラックの横にマスキングテープを貼って印をいれておくと見落としが無く安心です。

まずは、ひび割れ面を広げる作業で、電動カッターで切り込みを入れます。

刷毛できれいに掃除します

ひび割れ面を広げる作業を見ると心配になるかもしれませんが、広げた溝の中に強度のある補修材を詰めるのでご安心ください。

ひび割れをカッター切りした際に、細かい粉塵が溝の中にたまるので、刷毛できれいに掃除します。(溝の中が汚れていると補修材が密着しません)

プライマーを塗布

ひび割れの溝の中をきれいに掃除してからプライマーを塗布します。

プライマーはこの後充填する補修材をより強固に密着させるための接着剤のようなものなので、丁寧に塗布することが大切です。

エポキシ樹脂を詰めて補修

プライマー塗布後、エポキシ樹脂モルタルを詰めて補修しました。

エポキシ樹脂は軽くて高強度の補修材ですので、この部分が再度割れる心配はありません。

 

ベランダのひび割れも補修完了

ベランダの立ち上がり壁のひび割れも同じように補修しました。

笠木のひび割れも補修完了

ベランダの手すり壁の笠木のひび割れも補修しました。

関連のヤマナカ工事の日記を見る