HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の2階の出窓を引き違い窓に入替 8/16

岸和田市の2階の出窓を引き違い窓に入替 8/16

岸和田市N様邸 玄関ドアと出窓入替工事 

 

岸和田市の出窓入替工事のご紹介です。

N様邸は2階に出窓があり、台風21号の強風で窓が割れるのでは、と心配だったそうです。台風の時に雨戸を閉めれるように、出窓を引き違い窓に入替えることになりました。

足場を建てました

出窓には基本的に雨戸や面格子は取付けません。面格子を取付けるとしても、前面のみとなるので、N様は丈夫な雨戸を取付けられる引き違い窓への入替をご希望されていました。

 

2階の窓の入替では作業用の足場が必要になります。

既存の窓を撤去したり、新しい窓を取付ける際にはしごでの作業では危険が伴いますし、作業性も悪くなるからです。職人の安全を確保するためにも一部に足場を建てさせていただきました。

引き違いの雨戸

新しく取付ける雨戸です。

出窓から引き違い窓に入替えることで、雨戸も取付けることができます。

強風を伴う台風の時には、何が飛んでくるかわからないので、雨戸を閉められると安心ですね。

お部屋を養生しました

作業中、床を汚したり傷つけないようにシートを敷いて養生しました。

 

玄関入替の工事では、お部屋の方にホコリが舞わないように床から天井までにシートを張りましたが、今回は床と入り口、廊下などをきちんと養生しました。

出窓を撤去します

既存の出窓を撤去します。

 

出窓周りの外壁に印をつけて、電動カッターでカットして撤去します。この時は粉塵がたくさん舞うので、終わった後は職人の頭も真っ白になります。

窓枠を取付けます

既存の出窓を撤去しました。

 

窓は外壁にはめ込んでいるので、外壁の一部も撤去しないと窓が外れません。窓を取付けた後に壁をきれいに復旧できるようにカッター切りしました。この開口の内側に新しい窓枠を取付けます。

ラスカットで復旧

窓枠を取付けて、外壁の木下地にラスカットというモルタルを塗るための下地材を張り、周囲と取り合いに防水テープ、コーキングで防水しました。

この上にモルタルを塗って外壁を復旧し、塗装して仕上げます。

窓の入替は防犯上、できるだけ1日で終わらせます。万が一終了しない場合は、合板を張って養生させていただきます。

 

次は外壁のモルタル復旧と塗装の様子をご紹介します。

 

前回はこちら(岸和田市の玄関周りの塗装)

 

つづきはこちら(岸和田市の出窓入替工事完了)

関連のヤマナカ工事の日記を見る