HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の出窓周りの外壁の目地にシーリング充填 5/23

岸和田市の出窓周りの外壁の目地にシーリング充填 5/23

岸和田市N様邸 水回り入替と内装改修工事 


岸和田市の水回り入替とその他改修工事で今回は、出窓周りの壁の復旧をご紹介します。

N様邸は新しく設置するキッチンに合わせて、キッチンスペースを広くするため出窓周りの壁を解体して外側に出す工事を行いました。外壁には仮撤去していた既存のサイディングを張って復旧したのですが、サイデイング同士の継ぎ目の防水でシーリングを充填する作業を行いました。また、出窓の上の庇も撤去して位置を変えて新たに付け替えたので、板金を張って仕上げます。

プライマーを塗布します

出窓周りの外壁です。

仮撤去していたサイデイングを張って外壁を復旧した後に、継ぎ目にシーリングを充填して防水します。

写真はプライマーという接着剤のような塗料を塗布している様子です。

シーリング充填

プライマーはシーリングをしっかりと密着させる役割があるので、外壁のシーリング工事では欠かせない工程です。

プライマー塗布後、シーリングを充填しました。

ヘラで押さえて仕上げました

シーリング充填後、中に空洞ができないようヘラでしっかりと押さえ、余分なシーリングを除去して表面を整えました。シーリングが乾ききる前に両側に貼ったマスキングテープを剥がして完了です。

庇を板金で仕上げます

出窓の上にあった庇も位置を変えて付け替えました。

庇の上にはルーフィングという防水シートを敷き、その上にガルバリウム鋼板という錆に強い板金を張って仕上げます。

壁際水切りの取り合いにコーキング充填

庇に板金を張りました。

壁際には、壁際水切りを取付けました。

壁際水切りとは壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐための板金のことです。

壁際水切りと外壁の取り合いにもコーキングを充填して防水しました。

関連のヤマナカ工事の日記を見る