HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の塀の塗装の準備やベランダ防水 2/27

岸和田市の塀の塗装の準備やベランダ防水 2/27

岸和田市M様邸 外構工事  

塀の内側も塗装します

塀の内側にモルタルを塗装

岸和田市の外構改修工事で前日、猫除けのフェンス設置などを行いました。続いて塀の塗装及び防水を行います。

塀の内側も塗装するので、先に表面にモルタルを塗って塗装面を整えました。

塀の内側はブロックの肌のままだったので、モルタルを塗って平らにするとよりきれいに仕上がります。

ベランダを防水します

ベランダの防水も行っています。

M様邸はベランダの下のお部屋で強い吹き降りの雨の時に雨漏りしていたので、今回の工事でベランダを防水することになりました。

初めにベランダをケレン・清掃します。

目地や取り合い部にプライマー塗布

続いて目地や立ち上がりの取り合い部の防水でシーリングを充填します。

シーリングをしっかりと密着させるために、プライマーという接着剤のような塗料を塗布します。

シーリング充填

プライマー塗布後、シーリングを充填します。

このように、目地などの弱点になりやすい箇所は先に防水しておくと安心です。

カチオンクリートをしごき塗り

目地や取り合い部をシーリングで防水した後、防水面の下地調整を行います。

カチオンクリートという下地調整材をしごき塗りして下地をリセットします。

下地調整完了

カチオンクリートは薄塗りで強い下地をつくることができるので、建物に負担をかけずに施工可能です。

傷んだ下地の上に防水を施しても長持ちしないので、新しい下地を作りました。

関連のヤマナカ工事の日記を見る