HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >忠岡町の外部の勝手口のドアを施錠できるアルミドアに入替! 12/26

忠岡町の外部の勝手口のドアを施錠できるアルミドアに入替! 12/26

忠岡町F様邸 外構リフォーム・勝手口の入替と波板張替え 

 

忠岡町の外構工事で、外部の勝手口を入れ替えました。

 

既存のドアは木製で施錠ができなかったので、防犯面を考慮して丈夫なアルミ製のドアに入替えています。ドアの周囲には建物と同じ焼き杉板を張って仕上げたので、違和感なく仕上がりました。

 

F様邸の裏側にはご親戚の家があり、外部から見えない状態でしたが、その家が解体されたので、道路側から丸見えで、簡単に人が入れてしまうので、防犯面を特に心配されていました。その関係で、2階の窓に面格子を取付けています。他にも、ベランダのテラスの波板も張替ました。

 

勝手口を入れ替えます!

 

F様邸はこの工事で裏側のスペースに目隠しフェンスとテラス屋根を設置しました。

 

裏側のスペースに出入りできる勝手口のドアが木製で「施錠ができないので心配だ」ということで、丈夫なアルミ製のドアに入替えることになりました。

 

アルミ製のドアです

勝手口に取り付けるドアです。

 

腐食に強いアルミ製のドアで、色はシャイングレーになります。

木下地を造作しドアを設置

大工が勝手口のドアを取付けるための下地を設置しています。

 

ドアの大きさに合わせて開口を設けて下地を設置しました。

周囲に杉板を張りました

勝手口のドアを設置し、周囲の下地に既存の外壁と同じ焼き杉板を張って仕上げました。

 

既存の外壁によく馴染んで違和感なく仕上がりました。

施錠できるので安心です

内側から見た様子です。

 

勝手口の枠は周囲に杉板に合わせて塗装しました。

これからは施錠できるので安心してご使用いただけますね。

窓に面格子を取付けました

「2階の窓に面格子を取付けてほしい」

とのご希望で、縦面格子を取付けました。

 

色はシャイングレーです。

 

F様邸はこの工事でテラス屋根を設置したので、屋根の上に人が上がって2階の窓から入ってこないか心配されてのご相談です。

 

波板を張り替え

2階のテラス屋根の波板が劣化して見た目が悪くなっていたので張り替えました。

 

ご相談の当時は波板の張替は工事の中に含まれていませんでしたが、周囲がきれいになると波板だけが目立ってきたので、全体的な美観性を向上させるために張り替えることになりました。

 

工事完了後の様子

外構工事前の様子

裏の家が解体されて道路側から丸見えの状態になってしまいお困りでした。

 

外壁の板金は錆びつき、傷んだ波板などが目立っています。

外構改修後

人の目を気にせず裏側のスペースを使用できるように、目隠しフェンスとテラス屋根を設置しました。

 

テラスとフェンスの間を塞ぎ、勝手口のドアを入替て施錠できるようになったので、防犯面でも安心です。

工事後のF様の声

「裏の家が解体されて、見た目も悪いし防犯面も心配でいてもたってもいられず、ずっと落ち着かなかったのですが、想像以上の仕上がりに満足しています。ありがとうございました」

 

F様の心配が取り除かれ、安心して生活ができるようになり本当に良かったです。

 

また何かお困りのことがありましたらご相談くださいね。

ありがとうございました。