HOMEブログ代表者 山中真二のブログ >すべり台同然の玄関アプローチ(スロープ)現況!NO.6

すべり台同然の玄関アプローチ(スロープ)現況!NO.6

すべり台同然の玄関アプローチ(スロープ)現況!実家のスロープは、最低基準勾配より10倍くらい急で、しかも幅が狭い、なんと手摺無しなんです。

父ちゃん・母ちゃん家物語(奇跡の物語)NO.6

それから、本日は、次の目的の一つで、いよいよ現況建物・敷地状況の調査・確認をやっていきます。
 

現況図面・スロープ

現況図面・画面をクリックで大きく見やすくなります!

危険なアプローチ

先ず、この危険極まりない玄関アプローチ(スロープ)ですが、傾斜がまるで、すべり台みたいに急勾配なんです。

私たち建築屋が日ごろ、造っているスロープは、

「建築基準法施行令における傾斜路勾配の制限」
(階段に代わる傾斜路)
 第26条 階段に代わる傾斜路は、次の各号に定めるところによらなければならない。
1.勾配は、8分の1をこえないこと。
2.表面は、粗面とし、又はすべりにくい材料で仕上げること。」を参考にしてるんです。


ハートビル法(高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の 促進に関する法律)では、

屋内で1/12以下、屋外では1/15以下を参考にするんです。

 

実家のスロープは、最低基準勾配より10倍くらい急で、しかも幅が狭い、なんと手摺無し、

私や妹が心配するのは当然なんです。


高齢で療養中の父(81歳)に代わって、母(76歳)は、この危険なスロープを、米俵担いで、滑り降りるんだそうです。

その情景を想像するだけで、顔をしかめたくなります。

滑り台同然のアプローチ

妹が以前、「母ちゃんな、あのスロープで、私らに、お米 精米して、送ろうとして、また怪我したんやでぇ~!」

私:「そこまでして、俺ら子供に、お米を送付してくれんでええよ!」と、何度も言いますが、親心なんです。


 

滑り台の様なスロープ

そもそも、このスロープは、器用だった父が、自分一人で、手づくりしたものなんです。

私は、5歳くらいの時、造り方をじっと見てたんです。


固まってないスロープのコンクリートに、滑り止めのため、直径5㎝くらいの丸太で溝を一つ一つ型とっていたのを

いまでも、不思議と記憶にあるんです。当時はこれでOKだったんです。両親共に若かかったから。

でも、改めて観て、、現在では、大問題です。

「根本的に改善しなければ!」と実感しました。


(平成25年5月2日の出来事その2)

 

                  前回はこちら             つづきはこちら 

 

                   父ちゃん母ちゃん家物語(奇跡の物語)はじまりはこちら