HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >阪南市の廊下と玄関ホールにフローリングを上張りしました!6/4

阪南市の廊下と玄関ホールにフローリングを上張りしました!6/4

阪南市K様邸 内装リフォームとベランダ防水工事 

 

阪南市K様邸の廊下と玄関ホールの床張替工事のご紹介です。

 

階段の下や和室の出入り口など人がよく踏む箇所の床が緩んでフワフワと動いている状態でした。今回のご提案は、既存の床を撤去せずに新しいフローリングを上張りする仕様です。

框部分もリフォーム框を取付けて美しくなりました。

 

それでは、K様邸の廊下と玄関ホールの床張替(上張り)工事の様子をご覧ください(*^-^*)

 

 

阪南市の廊下の床がフワフワと動くそうです

阪南市K様邸の廊下と玄関ホールの現況です。

 

築33年が経過して黄色い丸印部分の床を踏むとフワフワと動いている状態でした。

 

こういった床の緩みはよくあるご相談です!

「白蟻が付いているのでは・・・」と心配されるかたが多いのですが、【床の経年劣化】であることがほとんどです。

人が何度も踏む箇所は床が傷みやすく、たわんでしまうのです。

工事の際は、念のため床を一部カットして床下に問題がないか確認させていただきます。

※白蟻の被害に遭っている可能性はゼロではない為、怪しい場合は白蟻専門のスタッフにより後日調査をさせていただきます。

 

 

阪南市の玄関収納を仮撤去しました

廊下と玄関ホールの床張替工事着工の日に一番初めに行ったのは、玄関収納の仮撤去です。

 

K様邸の玄関収納は玄関ホールの床の上にまたがるように設置されていたので、動かさないと床の工事ができません。

 

工事着工日までに中に入っている靴などを出していただいて、当日別の場所に移動します。

阪南市の廊下の床を一部カットして床下を確認

床下の状況を確認するために、床を一部カットしました。

 

床下を確認すると、白蟻の形跡はなく、根太などの構造部分にも問題はありませんでした。

阪南市のカットした床を構造用合板で復旧!

床下を確認した後、カットした部分に構造用合板を張って復旧しました。

 

既存の床の上に新しいフローリングを張りますので、カットした部分は隠れて見えなくなります。

 

阪南市でリフォーム框を取付けます

玄関や床の間などの上り口に横向きに取り付ける化粧材のことを「框・かまち」と言います。

 

玄関ホールの床を張り替える時は框もセットで交換します。

今回は、既存の床の上に新しいフローリングを張る仕様なので、框も上から取付けることができる【リフォーム框】を採用しています。

 

阪南市で下地を設置してリフォーム框の高さを調節

リフォーム框とセットになっている下地を既存の框の上に取付けます。

 

下地を設置してからリフォーム框を取付けると、新しく張ったフローリングとの取り合いがちょうどいい高さに仕上がるようになっています。

 

阪南市のリフォーム框を接着剤で取付け

框や床は人が踏む箇所なので、釘やビスを打ち付けると怪我をする可能性があり危険です。

 

L型のリフォーム框を被せて接着剤で固定していきます。

 

阪南市の玄関框を万力で押さえて固定

リフォーム框は釘やビスを使用しないで接着剤で固定するため、しばらく押さえつけておかないと浮いてきてしまいます。

 

リフォーム框の上に添え木をのせて、万力という工具で挟んで固定させていただきました。

框をしっかりと固定するために、この状態でしばらく養生します。

 

阪南市の廊下にフローリングを張ります

框を取付けた後、新しいフローリングを張っていきます。

 

廊下など、長さがある部分はフローリングを長手方向に流して張る方が美しく見栄えよく仕上がります。

 

 

☆フローリングには「メザネ」と「オザネ」があり、それらを組み合わせて張っていきます。

メザネ

フローリングに加工されている「メザネ」です。

 

メザネはへこんでいる(凹)形状になっていて、オザネを受ける側です。

オザネ

「オザネ」です。

 

オザネは出っ張った(凸)形状になっていますので、メザネに差し込むことでフローリングのズレや浮きを防止することができます。

 

阪南市のフローリングをオザネで固定

廊下には柱が出っ張っていますので、形状に合わせてフローリングを加工しないといけません!

微調整を繰り返してきちんと納まるのを確認してから、オザネ部分に斜めに釘を打って固定します。(エアー工具を使用します)

阪南市の廊下のフローリング上張り完了

フローリングの加工・微調整を繰り返しながらフローリングを張りました。

 

リフォーム框を固定していた万力を取り外して工事完了です!

 

K様邸で使用したフローリングはリクシルのラシッサSフロアで色はクリエモカです。

ワックス不要なのでお手入れ簡単!傷もつきにくい丈夫なフローリングです。

 

前回はこちら(阪南市の和室の聚楽壁をクロスの壁にリフォーム)

 

現地調査はこちら(阪南市の和室の聚楽壁にカビが発生!現地調査にお伺いしました)

 

廊下の工事の施工事例はこちら(阪南市の廊下と玄関ホールの床と玄関框を美しく!)

 

廊下・玄関ホール、お部屋の床の張り替えをご検討されている方へ

ご相談・点検・お見積りはやまなか工務店に

「床が傷んできたので張り替えたい」

「畳をフローリングの床にしたい」

「床がフワフワと動くのでなんとかしてほしい」

等、床のことでお困りの方はやまなか工務店にお気軽にご相談くださいね!

 

やまなか工務店は、ご相談・調査・お見積りは無料です!

初めての方もお気軽にご相談くださいね。

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!