HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >コロニアル屋根の高圧洗浄と塗装で縁切りも行いました! 1/23岸和田市紙屋町

コロニアル屋根の高圧洗浄と塗装で縁切りも行いました! 1/23岸和田市紙屋町

岸和田市紙屋町 M様邸 外壁・屋根塗装工事・高圧洗浄と屋根塗装 

岸和田市紙屋町M様邸の外壁・屋根塗装のご紹介です。軽量鉄骨造りの三階建てで、雨漏りが発生したのをきっかけに、塗装のメンテナンスを行うことになりました。その中の高圧洗浄と屋根塗装のご紹介です!

屋根の高圧洗浄

屋根の高圧洗浄を行っています。

屋根の塗装工事を行う際、高圧洗浄機で一度、屋根を綺麗にします。
屋根に付いた
苔などの汚れ、古い塗料をそのままにした状態では、新しい塗料を付着させることができません。
ですので、屋根・外壁塗装では高圧洗浄は必ず必要な作業です。

外壁もきれいに洗います!

外壁の汚れや旧塗膜もきれいに洗浄します。

外壁の表面の塗膜は、毎日紫外線や雨風にさらされているので、年月とともに劣化していきます。その劣化した塗膜の上から塗装しても旧塗膜と一緒に剥がれてきてしまうので、洗浄によって古い塗膜を剥がしてきれいにするのが目的です。

屋根のシーラー塗装

高圧洗浄で屋根に付いた苔や汚れ、旧塗膜を洗い流しました。

瓦の塗装面をきれいにしてから、下塗り(シーラー)を行います。

下塗り塗料とは、外壁材や屋根材などの塗装面に一番最初に塗る塗料です。下塗り塗料は、中・上塗りの密着性を良くするために、塗装面を整えるための塗料です。

タスペーサー

タスペーサー挿入

コロニアルの屋根材に一般的な3回工程塗装をすると多くの場合、屋根材と屋根材の間に塗料が入り接着した状態になってしまいます。接着した状態になると、毛細管現象で吸い上げられた雨水を排出する事が出来なくなり、最悪の場合雨漏りに発展する事もあります。

そこで、タスペーサーという縁切りを行うための部材を瓦の隙間に挿入することで、塗料による接着を防ぐことができます。

 

屋根の中塗り

タスペーサーを挿入し、きちんと縁切りをした後、屋根の中塗りを行います。

こうして見ると、高圧洗浄で既存の塗膜がきれいに落とされたのがよく分かります。

屋根上塗り

中塗りがしっかりと乾いてから上塗りを行います。中塗り・上塗りで、塗料を塗り重ねることで厚膜の塗膜になり、美しい仕上がりになります。

屋根塗装完了!

屋根塗装できれいな屋根になりました。

屋根は毎日紫外線や雨、風などにさらされていて、建物の中で最も劣化しやすい箇所です。塗装などで定期的に保護する事で長持ちさせることができます。

 

次は外壁塗装の(下塗り・中塗り・上塗り)ご紹介です。

 

前回はこちら(紙屋町の屋根の雨漏り修理) 

 

 つづきはこちら(紙屋町の外壁塗装のご紹介)

 

工事着工はこちら(紙屋町の外壁・屋根塗装着工)

関連のヤマナカ工事の日記を見る