HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の外壁と屋根塗装の現地調査と足場設置をご紹介します 9/9 岸和田市三田町

岸和田市の外壁と屋根塗装の現地調査と足場設置をご紹介します 9/9 岸和田市三田町

岸和田市三田町 S様邸 外壁・屋根塗装 現地調査と足場設置

外壁・屋根塗着工

岸和田市三田町のS様より「外壁の目地が傷んできてて、塗り替えも検討してるんです。相談にのってくれませんか?」とお問い合わせがあり、現地調査を行い、塗装リフォームすることになりました。

今回は、現地調査と足場設置をご紹介します。

S様邸の屋根はスレート瓦でサイディングの外壁です。

シーリングが剥離しています

心配されていた目地のシーリングは劣化して、肉痩せし、サイディングの断面から剥離してきていました。

シーリングは外壁の継ぎ目や付帯部分の取り合いなどに施工される防水材のことで、劣化して亀裂が入ったり剥離してくると、そこから雨などが浸入し、内部を腐食させ、雨漏りに発展することもあります。

チョーキング

サイディングの外壁を手で触ると、チョーキング(塗膜が劣化して粉状になり浮いてきている状態)を起こしていました。チョーキングは、塗膜の劣化の印で、塗装時期の目安にもなるので、ご自身でも定期的にチェックしてみましょう。

雨戸も劣化

雨戸の劣化も進み、塗膜が薄くなって錆びてきていました。雨戸も同時にきれいに塗装します。

塗装すると、艶が蘇り美しくなります。

ベランダトップコート

ベランダは、トップコートを塗布することになりました。ベランダは雨漏りしやすい箇所なので、注意が必要です。防水層が傷む前にトップコートを塗り替えることで長持ちします。

屋根・色褪せ

屋根はスレート瓦で、全体的に色褪せてきていました。屋根の塗膜が劣化して剥がれてくると、雨などの水分を吸収するようになります。水を含んだり、乾いたりを繰り返すとその時の収縮により瓦が割れることがあります。

塗装するとまた雨を弾いてくれるので安心です。

苔が生えています!

瓦の表面には苔が生えていました。

スレート屋根は苔その形状により、劣化してくると日当たりが悪い箇所に苔が生えやすくなります。この苔は高圧洗浄できれいに除去します。

足場設置

工事の着工は足場の設置です。高所での作業を安全に行うために塗装工事で足場は必須ともいえます。

はしごを掛けて、その上で作業するとなると、片手に塗料の缶を持ったりする必要がありますし、不安定で危険です。また、丁寧な仕事をするためにも足場を設置します。

 

次はサイディングの目地などのシーリング打ち替えをご紹介します。


つづきはこちら(三田町の目地などのシーリング打ち替え)

関連のヤマナカ工事の日記を見る