HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市で入替えたユニットバスのUB枠の取付 9/23

泉佐野市で入替えたユニットバスのUB枠の取付 9/23

泉佐野市I様邸 ユニットバスリフォーム 

 

泉佐野市のユニットバスリフォームで今回は、ユニットバスの入り口周りの仕舞でUB枠の取付の様子をご紹介します。ユニットバスへの入替工事では、既存のお風呂を解体・撤去してできた空間の中に新しいユニットバスを設置します。そうすると、洗面所の取り合い部分に必ず隙間ができるので、その部分にUB枠という水回り専用の開口枠を取付けないといけません。また、洗面所との間仕切り壁も工事の際に撤去しないといけないことがあり、その場合は壁も復旧します。

ユニットバス設置

前回のブログでユニットバスの設置をご紹介しました。既存のユニットバスを撤去してできた空間の中に新しいユニットバスの部材を組み立てて設置しました。

UB枠を取付けます

ユニットバスの設置が終わったので、入り口周りにUB枠を取付けます。

洗面所との間仕切り部分にできた隙間を埋めるために水回り専用の枠を取付けます。

先に下地を取付けます

先にUB枠を取付けるための下地材を設置します。

この枠の上にUB枠を取付けます。

取り合いの壁も復旧します

洗面所とユニットバスとの取り合いの壁も復旧します。

UB枠を取付けました

入り口の開口周りに白いUB枠を取付けました。

I様邸は2階に浴室があり、床下の配管のスペースを確保しないといけないので浴室と洗面所の床をフラットにはできなかったのですが、以前よりは低くなりました。特に問題が無ければバリアフリーにできます。

UB枠を取付けました

関連のヤマナカ工事の日記を見る