HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市のトイレ入替でTOTOのGGを設置しました! 5/11

泉佐野市のトイレ入替でTOTOのGGを設置しました! 5/11

泉佐野市T様邸 耐震工事を含めた全面リフォーム工事 

 

泉佐野市のトイレ入替工事で、内装下地を設置したので、続いて仕上げです。

天井・壁にはクロスを貼り、床はクッションフロアを貼ります。「2階にもトイレが欲しい」とのご希望で増設した2階のトイレと、便器入替と内装を行った1階のトイレともに同じデザインの仕上げにし、便器はTOTOのタンクレストイレGGを設置しました。1階のトイレの既存の窓にはリクシルの内窓、インプラスを取付け!手洗い器が別で、使いやすいトイレになりました。

巾木を取付けました

2階の増設したトイレに天井や壁、床下地を設置した後、巾木を取付けました。

巾木は床と壁との見切り材で、木製巾木とソフト巾木(ビニール巾木)があります。今回は木製の巾木を使用しました。巾木は床と壁との隙間を隠し、傷や汚れを防止する役割があります。

 

ドアを設置

出入り口の開口に設置した建具枠の中にドアを取付けました。

中で使用しているか分かる「表示錠」付きで、上部にガラスがあるので、夜に照明を付けると光が漏れて消し忘れを防止することができます。

2階トイレの目地

クロスの職人が、トイレの壁下地の継ぎ目にパテを塗って表面処理しました。

パテとは柔らかい補修材で、壁の凹凸部分や継ぎ目に詰めることで平らに処理することができます。

クロスを貼ります

パテを乾燥させてからクロスを貼ります。

2階のトイレは増設なので、壁の下地の処理は継ぎ目だけで済みましたが、既存の壁クロスをめくって貼りかえる場合は、クロスがきれいに剥がれないと、その部分もパテ処理しないといけません。

花柄のクロスです

壁には花がの部分に少し光沢があるクロスを採用しました。

クロスや床に施工するクッションフロアは、分厚い見本帳の中からお選びいただくことができます。

トイレと手洗い器設置

内装の仕上げ完了後、設備職人が便器や手洗い器などを設置しました。

新しいトイレはTOTOのウォシュレット一体型便器GGです。

手洗い器を別に設置するので、手洗いも楽にできます。

 

1階のトイレもGGです

1階のトイレの壁や床の仕上げも2階と同じデザインを採用しました。便器もTOTOのGGです。

便器にはフチがないのでサッと拭き掃除することができます。また、ウォシュレットのノズルは内側、外側ともに自動で洗浄してくれるので、清潔に保てます。

 

内窓を設置しました

1階の既存の小窓は再利用し、リクシルの内窓「インプラス」を設置しました。

既存の窓の内側にもう一つ窓を設けることで間に空気層が生まれ、断熱効果や防音効果などを得られます。

数回に分けてトイレの入替の様子をご紹介しましたが、これで完了です。

「2階にもトイレがあったら便利だなぁ。設置できるかなぁ」とご検討されている方はやまなか工務店にお気軽にご相談ください。

 

次はお風呂の入替でユニットバスの設置の様子をご紹介します。

 

前回はこちら(泉佐野市のトイレの内装下地や建具枠の設置) 

 

つづきはこちら(泉佐野市の在来のお風呂をTOTOのユニットバスサザナへ入替)

 

現地調査はこちら(泉佐野市の耐震改修を含めた全面リフォームの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る