HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市のタイル貼りのトイレ内装と便器の入替 2/12

岸和田市のタイル貼りのトイレ内装と便器の入替 2/12

忠岡町K様邸 水回り入替とその他改修工事 


以前キッチン入替や内装などの工事をしていただいた岸和田市のT様より「トイレが古くなってきたので入替を検討してるんです」とのご連絡をいただき、ご相談の結果、リクシルのフチレストイレ「アメージュZ」に入替えることになりました。タイル貼りだった内装もこの機会にクロス貼りにリフォームします。T様邸はトイレが1階にしかないため、1日で内装と便器入替を完了させました。

既存トイレ

既存のトイレは長い間大切に使用されていましたが、古くなってきたので不具合が起こる前に入替えようとお考えでした。

壁のタイルも冷たく感じるのでこの工事でクロスの壁に貼り替えます。

レバーハンドルに交換します

トイレの入り口のドアは取っ手が握り玉です。経年で閉まりが悪くなってきたので、使いやすく長持ちするレバーハンドルに交換することになりました。

既存の便器を撤去

まずは、設備の職人が既存のトイレを解体・撤去し、給排水の管を立ち上げます。

トイレや洗面台などの設備機器の入替は設備専門の職人が行います。

合板を張って目地を処理

続いて、待機していた大工が既存のタイル壁の上と天井に合板を張り、クロスを貼る準備をしました。タイルを撤去すると時間がかかり工事が1日で終わらないため、なんとかこの方法をとりました。

その次に到着したクロス職人が下地になる合板の継ぎ目にパテという補修材を塗って平らに整えました。

 

タイル張りの内装をクロスに貼り替える際には下地を設置しないといけないので、大工が作業しないといけません。(既存の壁がクロス壁ならクロス職人ひとりで作業可能です)そのため、トイレを入替える設備職人、大工、クロス職人が作業することになります。1日で工事を終わらせるにはどのタイミングで職人が入るか打ち合わせをして、きちんと決めこまないと終わりません。

天井・壁ともに同じクロス

目地のパテが乾いたらクロスを貼ります。

天井・壁ともに同じクロスを採用しました。

クロスは事前に分厚い見本帳からお好みのデザインをお選びいただけます。

花柄の可愛いクロスです

青い小花柄の可愛いクロスです。

奥様が一目見て気に入ったので、天井も同じで揃えました。入り口のドアにもこのクロスを貼ります。

床にはクッションフロアを貼ります

床にはクッションフロアを貼ります。

クッションフロアは水を弾くので洗面所やキッチンなどの水回りの床にも使用されます。専用の接着剤を均等に伸ばして貼り付けて施工します。

 

リモデル便器

内装作業が完了したら、設備の職人が新しい便器を設置します。

新しい便器はリクシルのアメージュZです。リモデル便器なので、床の排水芯を調整することが可能で、床を壊さずに設置することができます。

トイレ入替完了

トイレ入替完了です。クロスが印象的な可愛いトイレになりました。

 

リクシルのアメージュZはフチレス形状なので汚れが溜まりにくくお手入れが簡単です。そして汚れが落ちやすいアクアセラミックを採用しているのできれいな状態が長く続きます。

 

手すりも取付けました

紙巻き器と手すりも交換しました。

カラーやデザインは数種類から選ぶことができます。便器の形状や座り心地、機能も豊富にあるので、できれば事前にショールームに行って実際に見ていただいた方がいいでしょう。

レバーハンドルに交換!

トイレの入り口のドアにもクロスを貼りました。

建具職人が握り玉からレバーハンドルに交換完了です。

T様邸のトイレ工事では合計4人の職人が入りました。

やまなか工務店は便器のみの入替や、ウォシュレットのみの交換も承っておりますのでご検討されている方はお気軽にご相談ください。

関連のヤマナカ工事の日記を見る