HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >玄関のポーチ柱の受金物の錆などのご相談で現地調査に伺いました 6/13 岸和田市

玄関のポーチ柱の受金物の錆などのご相談で現地調査に伺いました 6/13 岸和田市

岸和田市O様邸 ポーチ柱修理などの現地調査

ポーチ柱の修理

以前、聚楽の塗り替えなどをしていただいたO様より「玄関の屋根の柱の根元が傷んでて、見た目も悪いし心配なので見てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

玄関ポーチの屋根を支えている木製の柱の根元が傷んでいるとのことで確認すると、受金物が錆びついている状態でした。

柱受け金物が錆びついています

ポーチ柱の受金物です。

錆びついて表面が腐食して剥がれてきていました。

「このまま放っておいたら木が腐って倒れるかも」と心配されていました。

玄関の鍵がかかりにくいです

他にも、玄関の引き戸の鍵があまくなり、施錠しにくいとのご相談もありました。

鍵は合計三カ所あり、一カ所が悪くなっていたのでその部分の部品を交換することになりました。

継ぎ目の部分で波板がバタつくそうです

また、テラスの側面に貼った波板の留め具が緩んで、強風の時にバタついて飛ばされそうだということで、きちんと止め直すことになりました。

変形して隙間が開いています

テラスの波板は塩ビ製で、経年劣化で変色し、屋根の波板は変形して隙間が開いていました。

今回、側面の波板を留め直して、しばらく使用できるまで大事に使ってから、将来的に張替えを検討することになりました。

玄関のポーチ柱の受金物は、根元のタイルを一枚はつって(削り取って)から受金物を取り外して交換することになりました。

 

やまなか工務店は網戸の張り替えや水栓の交換など、小さな工事も承っておりますのでお気軽にご相談くださいね。

 

つづきはこちら(岸和田市の玄関の鍵と給湯器交換)

関連のヤマナカ工事の日記を見る