HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >和泉市のキッチンの入り口に猫侵入防止の格子戸を設置 12/27

和泉市のキッチンの入り口に猫侵入防止の格子戸を設置 12/27

和泉市N様邸 内装リフォーム工事 

 

和泉市の建具造作の様子です。N様邸はこの工事で、キッチンを入替、内装もきれいにしました。N様は可愛い猫と暮らしていて、猫がキッチンに入らないように格子戸を付けてほしいとのご希望でした。

縦格子の建具を造作

建具職人が、工場で製作した建具を搬入し、調整しながら設置します。

建具はただはめ込めばいいという訳ではなく、閉めた時に隙間がないか、スムーズに動くかなど確認・調整します。

レールを取付けます

レールを固定します。

このレールを取付けると、建具が軽く、簡単に開け閉めできます。建具が一気に閉まると指を挟んだりと危険なので、閉まる手前で速度が遅くなるようにできています。

保護を兼ねて塗装します

建具設置完了です。建具職人の仕事はここまでで、次はコの建具を塗装します。

美しい建具なので塗装するのが気が引けますが、白木のままだと汚れたり傷が付くので保護を兼ねて塗装します。

建具枠の色に合わせて塗装します

開口の建具枠に合わせて色を作り、製作した建具と同じ木材に塗装しました。(木によって色の出方が変わるので同じ共材を使用しています)何色か作って、一番近い色で塗装します。

刷毛で慎重に塗装します

建具が動く枠も造作したので白木です。

完成した周囲の壁クロスを汚さないように、刷毛で慎重に塗装します。腕のいい塗装職人なので、際まできれいに塗装できました。

建具も塗り残しなく塗装します

建具も塗装します。

格子部分は隅々塗り残しなく塗装しました。

乾燥させては塗って、と色を塗り重ねて定着させました。

建具完成

キッチン側から見た建具です。壁の色ともよく合っていて、シックな建具になりました。

これで猫が中に入ってくることがなく、安心してお料理できますね。

次は美装の様子をご紹介します。

 

前日はこちら(和泉市の洗面台と猫ドアの設置) 

 

つづきはこちら(和泉市の各お部屋の美装)

 

現地調査はこちら(和泉市の2階の住居スペースの現地調査)

関連のヤマナカ工事の日記を見る