HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >岸和田市の陸屋根のパラペット笠木の補強工事 8/5

岸和田市の陸屋根のパラペット笠木の補強工事 8/5

岸和田市のマンションの陸屋根のメンテナンスの様子をご紹介します。

 

台風で陸屋根のパラペットの笠木がめくれ上がり仮に固定されていたのでビスでしっかりと固定してから錆止め塗料で塗装しています。

 

岸和田市の陸屋根のパラペットの笠木を補強

陸屋根とは陸屋根とは屋根勾配がほとんどない平らな屋根のことです。屋上のスペースを行こう活用できるので人気がありますが、定期的な防水のメンテナンスが必要です。

 

パラペットとはパラペットとは、陸屋根やベランダ・バルコニー等の周囲に設けられた低い立ち上がり壁のことです。人の墜落を防いだり、屋根のスラブと壁との取り合い部の防水効果を高めて補強するために設置されています。

岸和田市の陸屋根のパラペット

写真のような平らな屋根のことを陸屋根と言い、その周囲に立ち上がっている低い壁がパラペットです。

 

笠木はパラペットや手すり壁などの上部の仕上のことを表していて、こちらのマンションではカラー鋼板(表面を塗装した鋼板)の笠木を取付けていました。

岸和田市の笠木の形を整えます

台風でパラペットの笠木がめくれ上がったので元に戻して仮に固定して応急処置されていました。

 

笠木がめくれ上がった時に変形していたので形を整えてからビスで補強します。

 

岸和田市の笠木をビスで固定

既存の笠木もビスで固定されていましたが、台風の強風でめくれてしまいました。

 

下地の板に水が廻ったり傷んでくるとビスが効かなくなりますので、固定力が低下してしまいます。下地を交換するとしっかりと固定できますが、その分費用がかかるため、今回は新しビス留めして補強する内容で工事を行うことになりました。

 

岸和田市の板金がめくれ上がらないように2カ所で固定

近年大型の台風が頻繁に発生しますしいつ上陸してもおかしくありません。

 

台風での被害をできるだけ抑えるために、多めに固定しました。

 

岸和田市の板金の継ぎ目のシーリングを打ち替え

板金(カラー鋼板)は規格のサイズが決まっていますので、必ず継ぎ目が発生します。

 

継ぎ目部分は雨水が入りやすいのでシーリングを充填していましたが、そのシーリングも傷んできていたので、撤去して打ち替えます。

 

貝塚市の板金を固定したビス頭もシーリングで防水

笠木を固定したビスは天を向いていますので、雨水をまともに受けてしまいます。

 

ビス頭から雨水が染み込むと下地の板を腐食させてビスが効かなくなりますし、雨漏りの原因にもなりますので、ビス頭にシーリングを充填して防水しました。

 

岸和田市の板金を固定しているビス頭もシーリングで防水

笠木を固定していた既存ビス頭にもシーリングを充填して防水性を向上させています!

 

塗装すると見た目は美しくなりますが、笠木自体の耐久性が向上するわけではありません。

塗装前にきちんと補強することが笠木の飛散を防ぐことに繋がりますので、しっかりとメンテナンスさせていただきました。

 

この後行う塗装では、錆を落としてから錆止め塗料で塗装します!

 

塗装の様子は次の現場ブログでご紹介しますので、お楽しみに~!

 

岸和田市のマンションで行った工事の現場ブログです!

台風でお住いに被害を受けないか心配されている方へ

やまなか工務店 台風被害

もうすぐ台風の季節がやってきます!

 

台風に備えてできる準備をしませんか?

被害を最小限に抑えるためには事前のメンテ餡巣や補強が必要です!

ご相談・調査・お見積りは無料です!お気軽にお声かけくださいね!

しつこい営業もありません!

 

お電話でのご相談はフリーダイヤルで・・0120-103-718

 

メールでのご相談はこちら    

 

資料請求もできますよ~!こちらからお願いします!