HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉大津市でTOTOのユニットバス・サザナを設置! 3/20

泉大津市でTOTOのユニットバス・サザナを設置! 3/20

泉大津市S様邸 屋根修理とユニットバス入替工事 

 

泉大津市のお風呂入替です。タイル張りのお風呂をTOTOのユニットバス、サザナへ入替えます。既存のタイル張りも壁や床、天井を解体・撤去し、ユニットバスを支える土間基礎をコンクリートで打設し、乾燥してからユニットバスの部材を組み立てて設置します。

換気のダクトを通しました

既存のお風呂場には換気扇がなく、窓を開けて換気していましたが、ユニットバスには天井に換気扇が付きます。先に換気のダクトを通し、外部に出しました。

このダクト配管はユニットバスの天井裏に隠れて見えなくなります。

換気フードカバーを取付け

換気のダクトを外部へ出すために、外壁に丸い穴をあけて通しました。

換気口から雨水が入らないように換気フードカバーを取付けました。小さなカバーなので目立たないですし、ステンレス製なので錆に強くて安心です。

コンクリートで土間基礎を打設

現場でコンクリートを作り、ユニットバスを支えるための土間基礎を打設し、排水管も立ち上げておきました。

配管を通しました

コンクリートが乾燥したら、ユニットバスの各配管を通します。

青がお水、赤がお湯、白が追い炊きの配管になります。ユニットバスを組み立てる時にこの配管を接続します。

ユニットバスを設置します

土間のコンクリートの乾燥期間を数日設け、その後にユニットバス専門のスタッフが施工します。

ユニットバスは架台や床板、壁・天井パネル、浴槽などの各部材を順番に組み立てながら設置していきます。

パネルを加工して取付けます

S様邸のユニットバスのアクセントパネルです。ユニットバスの基本プランは、壁の一面にお好みのデザインのパネルをアクセントに入れることができます。

アクセントパネル部には、シャワーや水栓、鏡などを取付けるため、あらかじめ位置を計測して加工してから取付けます。

TOTOのサザナ

各部材を組み立ててユニットバスを設置しました。

TOTOのユニットバス、サザナです。ほっカラリ床という柔らかい床が特徴です。また、浴槽の淵がへこんでいるので、出る時にしっかりと掴むことができるので手すり代わりにもなります。

ユニットバスの設置は1日で完了することがほとんどです。

給湯器を入替

給湯器も古くなってきていたので、今後、故障で修理やメンテナンスが発生しないように後継機種に入替えました。

お風呂の解体や配管の接続、給湯器の設置及び接続は設備の職人が行います。

関連のヤマナカ工事の日記を見る