HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >既存のユニットバスを撤去しお風呂のメーカーの現地調査も行いました! 2/13 岸和田市

既存のユニットバスを撤去しお風呂のメーカーの現地調査も行いました! 2/13 岸和田市

岸和田市 O様邸 お風呂入替工事 1日目

工事動線を養生

本日より岸和田市O様邸のお風呂入替工事が始まりました。

工事着工は既存のお風呂場の解体を行いますので、周りを汚したり傷つけたりしないように工事動線にシートを敷いて養生(保護)しました。

洗面台や洗面所も養生しました

工事箇所であるお風呂場から玄関まで、きちんとシートを敷き、洗面台にホコリが掛からないよう覆いました。

解体工事では、解体した部材などを屋外へ手運びするため、何度も往復しますので下履きのままこのシートの上を移動させていただきます。

既存のユニットバスを撤去!

工事動線をきちんと養生してから解体スタートです。

今回は鉄骨造の住宅で、既存の風呂もユニットバスなので、タイル壁のお風呂の解体よりもホコリが出ません。

組み立てられた部材、壁パネルや枠などをばらしていくだけで解体できるので、作業もスムーズに進みます。(タイル壁の場合、タイルを削ったりするのに時間がかかります)

柱や土台はきれいでした

ユニットバスを解体するとコンクリートの土間が見えてきました。

柱や土台などの木部は腐食もなくきれいでした。柱と土台の接合部分には大きな補強の金物も入っており頑丈な造りになっていました。

入り口の壁紙は張替えます!

今回は、洗面所の内装はそのままですが、お風呂の入り口を改修するので、入り口の面の壁紙のみ張り替えることになりました。

メーカー現調

お風呂場の解体完了後、新しく設置するユニットバスのメーカー(TOTO)の職人による現地調査を行いました。

お風呂場を解体して、ユニットバスを設置できる段階になってから実際の寸法を測って設置位置などを決めます。

畳を表替えします

畳が擦り切れて以前から気になっていたとのご相談があり、畳を表替えできそうだったので、職人がいったん畳を引き上げています。

工場に持ち帰り表替えをしてからこのお部屋に戻します。

次はお風呂場の電気の配線工事やエコキュートの設置などを行います。

 

現地調査はこちら(岸和田市のお風呂入替の現地調査)

 

つづきはこちら(岸和田市のエコキュートの設置など)

関連のヤマナカ工事の日記を見る