HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >外壁と屋根の塗り替えリフォームの現地調査 10/18 泉佐野市俵屋 

外壁と屋根の塗り替えリフォームの現地調査 10/18 泉佐野市俵屋 

以前キッチン入替等をしていただいたK様より外壁の相談があり、外壁と屋根の塗り替えリフォームの現地調査にお伺いしました! 10/18 泉佐野市俵屋K様邸 この工事に関するお問い合わせは0120-103-718まで。

泉佐野市俵屋 K様邸 外壁・屋根塗装リフォームの現地調査と色決め H28.10/18(火) 

外壁・屋根塗装の現地調査

以前やまなかでキッチンの入れ替えなどをしていただいたK様より外壁と屋根のご相談があり、現地調査にお伺いしました。

「壁にヒビが入って、色も褪せてきてるし、屋根の塗装も剥げてきてるから、そろそろ塗り替え時かなぁって思って電話したんです」

K様邸は家の正面がおしゃれなタイル貼りで、三階と側面がスタッコ吹付の外壁です。

今回は、タイル部分はそのままで、スタッコの壁を塗装することになりました。

チョーキング

外壁を手で触ると、手の平に白っぽい粉のようなものが付着しました。

これはチョーキングという現象で、外壁の塗膜が劣化し、粉状になっている状態です。

チョーキングは、外壁の劣化の印ともいえるので、塗り替えのサインです。

クラック

スタッコ吹付の壁は、表面がボコボコとしているので、クラック(ひび割れ)が発生しても分かりにくいですが、近寄ってよく見るとクラックがあるのが分かります。

雨樋の金具現況

雨樋の状態もチェックします。

雨樋を止めている金具がサビてきていました。

塗装リフォームでは、雨樋や、金具も一緒に塗装するので安心ですね。

 

屋根現況

一階から見ると、屋根の塗膜が剥げているのが見えました。

屋根は一年中太陽の熱や雨風にさらされ、過酷な状況下にあります。

塗膜が剥げてくると、水分を弾かなくなり、吸収してしまいます。吸っては乾いてを繰り返すと、瓦が反って割れる可能性があるので気を付けましょう。

色決めの様子

後日、外壁と屋根の色決めにお伺いしました。

外壁のカットサンプルを既存の壁にあてて、色目を確認しています。

カットサンプルは小さいので、実際に壁に塗ると、色が明るく出ます。

たくさんある種類の色の中から、お気に入りの色を見つけて下さいね。

 


つづき(足場の現調と屋根パネル仮撤去)はこちら

 

 

関連のヤマナカ工事の日記を見る