HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >泉佐野市の雨戸や雨樋などの付帯部を塗装し工事完了 1/15

泉佐野市の雨戸や雨樋などの付帯部を塗装し工事完了 1/15

泉佐野市H様邸 内装・外装リフォーム工事 


泉佐野市の外壁塗装で今回は付帯部分の塗装の様子をご紹介します。外壁は細かい模様の仕上がりになる多彩模様塗料で塗装しました。続いて雨樋や雨戸といった付帯部分と呼ばれる箇所を塗装し工事完了です。雨樋や雨戸、庇なども経年で傷んできます。外壁を塗装した時に雨樋や雨戸が色褪せたままだと全体的に古い印象をぬぐい切れません。仕上がりに影響を与える可能性もありますし、塗装により保護して長持ちさせるためにも付帯部分の塗装をお勧めしています。

雨戸を目粗しします

雨戸は住宅によって形状や使用されている材料が異なります。アルミは塗装できませんが鉄や木部は塗装可能なので、塗装できる雨戸は塗装します。

まずはナイロンたわしで雨戸の表面をこすって汚れを落としつつ細かい傷をつける作業(目粗し)を行います。

雨戸塗装

塗装面に細かい傷をつけることで塗料の付着が良くなり、きれいに塗装できます。また、目粗しすると塗膜が剥がれにくくなり長持ちします。

雨戸の色はお好みでお選びいただけますが、奇抜な色は控えて黒や茶色などで塗装することがほとんどです。

木製の雨戸も塗装します

H様邸は鉄製の雨戸と木製の雨戸があります。

木製の雨戸は水に直接あたると腐食するのでもともと塗装されていましたが経年で色褪せていました。雨戸を長持ちさせるためにも塗装して保護する必要があります。

塗膜がポロポロと剥がれてこないように木部に染み込む塗料で塗装しました。

庇も塗装でメンテナンス

庇も塗装でメンテナンスします。

金属製の庇は錆が発生すると穴があいたりと不具合を起こします。そういった劣化症状から守るためにも塗装した方がいいでしょう。

雨樋もすべて塗装しました

雨樋もすべて塗装しました。

樋も経年で色褪せが生じ、紫外線に直接あたると変形や割れなどの被害を受けることがあるので塗膜で覆ってあげます。

 

鉄製の手すり塗装

木製のベランダも塗装します。

鉄製の手すりは錆びる前に定期的に塗り替えてあげると錆を抑えることができ長持ちします。

錆止めを塗布してから塗装して仕上げます。

ベランダの床も塗装

木製の床は浸透性のある塗料で塗装します。

木部を長持ちさせるには定期的な塗装が必須です。雨水が直接あたるのを防ぐと腐食するのも抑えられます。

塗装が完了し、H様邸の工事すべてが終わりました。

 

次はきれいになったお部屋をご紹介します。

 

前日はこちら(泉佐野市の外壁塗装) 

 

つづきはこちら(泉佐野市の内装・外装リフォーム完了)

 

現地調査はこちら(泉佐野市の内装・外装工事の現地調査) 

関連のヤマナカ工事の日記を見る