HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >仮設足場の現地調査と屋根カーポート等のパネル撤去 10/19 泉佐野市俵屋 

仮設足場の現地調査と屋根カーポート等のパネル撤去 10/19 泉佐野市俵屋 

前日、外壁・屋根塗装の現地確認にお伺いしました。本日は、仮設足場の現地調査とカーポートとテラスの屋根パネルを撤去します。10/19 泉佐野市俵屋K様邸 この工事に関するお問い合わせは0120-103-718まで。

泉佐野市俵屋 K様邸 外壁・屋根塗装リフォームの足場現調と屋根パネル撤去H28.10/19(水) 

足場の現地調査

前日、K様のお話をお伺いし、外壁・屋根塗装の現地を確認しました。

続いて、塗装工事で使用する仮設足場の設置の現地調査を行いました。

足場を設置することで、手の届かない高所での作業も、丁寧にかつ安全に行うことができます。

外壁・屋根塗装の現地調査の様子

狭い箇所も確認中

安全な足場を設置するには、現場の状況をきちんと把握しておく必要があります。

家の形状や、お隣さんとの間の距離、カーポートの屋根の位置などを測り、職人さんが作業をしやすいように足場の設置方法を決めます。

 

現地調査の情報を元に、足場の単管の本数や組み立て方などを図面に起こすので、この作業は重要です。

カーポートのポリカ屋根撤去

後日、足場を設置する際に足場の単管を通す位置のカーポートの屋根パネル板を仮撤去しました。

足場の現地調査で、屋根をそのままにして工事をするか、一部仮撤去するか決めます。

 

K様邸のカーポートの屋根はアクリル板です。

アクリル板は劣化すると、仮撤去する時に割れてしまうことがあり、仮撤去・復旧が難しい場合があります。

二階のテラス屋根も撤去

二階のテラス屋根の部分にも足場を通すので、屋根パネルを仮撤去します。

 

テラス屋根を回避して足場を設置することも可能ですが、作業の問題や、建物の形状によって異なります。

 

前日(現地調査と色決め)はこちら 

 

つづき(仮設足場設置)はこちら

関連のヤマナカ工事の日記を見る