HOMEヤマナカ工事の日記現場日記  >基礎巾木のモルタル浮き及びクラック補修とコーキング充填! 2/21貝塚市小瀬

基礎巾木のモルタル浮き及びクラック補修とコーキング充填! 2/21貝塚市小瀬

貝塚市小瀬 T様邸 外構改修工事 5日目 

前日の工事で、倉庫を設置する箇所にコンクリートを打設し土間を設置しました。

本日は、基礎巾木のモルタル浮き補修とクラック補修、コーキング充填などです。

基礎巾木のクラック

勝手口の先にあるステップ周りりの基礎巾木のモルタルにヒビが入り、浮いてきていたので、エポキシ樹脂モルタルで補修します。

反対側も剥離しています!

ステップの反対側の基礎巾木も同じようにヒビ割れてモルタルが剥離していました。

剥離しているモルタルを撤去

剥離しているのは表面だけだったので、浮いている部分を叩いてすべて落とします。

ステップに沿ってモルタルを落とします!

ステップと基礎巾木の取り合い部分にもヒビが入っていました。ここはコーキングを充填して補修します。

プライマー塗布

浮いてきていたモルタルを落とした箇所を刷毛できれいに掃除し、プライマーという接着剤を塗ります。この上にエポキシ樹脂モルタルを詰めて補修します。エポキシ樹脂モルタルは軽量で高強度の補修材です。

エポキシ樹脂モルタル

エポキシ樹脂モルタルは、主剤と硬化剤を規定量正確に計量し、充分練り合わせてから使用します。

樹脂モルタルを詰めて補修します!

剥離していたモルタルを落とした欠損部にプライマーを塗布し、エポキシ樹脂モルタルを詰めて補修しています。

基礎巾木との取り合いはコーキング充填

続いて基礎巾木との取り合いにコーキングを充填するので、マスキングテープを貼って周りを汚さないように保護しています。

コーキング充填

取り合いにプライマー塗布後、コーキングを充填しています。

ヘラで押さえます!

コーキング材が奥までしっかりと行き渡るようにヘラで押さえています。同時に表面も美しく仕上げます。

モルタルの浮き・コーキング補修完了

基礎巾木のモルタル浮きと取り合いコーキング補修が終わりました。

モルタルの剥離を放っておくとそこから剥離が広がることがあるので、見つけたら修理するようにしましょう。

 

クラック面を広げます!

ステップ周りの土間に大きなクラック(ひび割れ)があったので、ここも補修します。

ひび割れの部分にエポキシ樹脂モルタルを詰めて補修するので、樹脂モルタルを奥まで詰められるように溝を広げます。

土間のクラックも補修

広げたひび割れの溝にプライマーを塗り残しのないように塗り、エポキシ樹脂モルタルを詰めて補修します。樹脂モルタルは強度があるので、補修した部分が再び割れることはありません。

 

次は目隠しフェンスの設置です。

関連のヤマナカ工事の日記を見る